石川智晶 | フラジールに蕩れ。

『物語の最初と最後はいらない』ちょっとした感想。

2015.09.21.Mon.23:36
こんばんは。



石川智晶さんの新アルバム『物語の最初と最後はいらない』が届いてから、ずっとくりかえし聴き続けています。

聴けば聴くほど好きになっていきます。




今日は曲ごとに、ちょっとした感想を書いてみたいと思います。



1.物語の最初と最後はいらない

表題曲ですね。
タイトルの意味が計りかねていたのですが、ようやくどういう意味でいらないのかということが分かってきた気がします。納得しかけてきました。


『移ろいこそが生きている物語』

この一節に、この曲の答えと言ってもいいくらいに詰まってます。




2.兄妹~aniimouto~

血のつながりがあったとしても、所詮は別の人間。到底分かり合えないことはあります。あわないなら、距離をとればいいんです。兄妹でも、誰でもそう。
無理して、「家族なのだから」とかいう通念で、逃げ場所とか隙間を埋めてしまわないでいいのです。
というか、私には妹が一人いて、一緒の家に住んでいるのに半年以上一言も口をきいていません。だから、かなり身近と言うか、一番シンパシーを感じた曲です。意識はしているけれど、見ていない。

必ずっていうほどに死角にいます。



3.水のないプール

タイトルが非常に好みです。すでに悲壮感と言うか虚無感と言うか、倦怠感があります。
歌詞もじんわりと心に水音響いていくような、染みこんでいくようなそんな印象です。



4.数字

ポップな感じで、曲調が意外に好み。こういうのもまた良いですね。
人の感情を数字に例えて、割り切れない曖昧さを肯定し、尊重するような感じですね。
まぁ厳密に言えば、感情すら数値化できるのでしょう。しかし、独りひとりの計算機は同じ式でも違う肯定を経て、答えを出すものです。だから、難しくて、楽しくて、自由なんだ。



5.landscape

歌詞がこれまた好き。風景が浮かんでくるようです。
うん・・・言葉にできないけど、好きですね。



6.物語の最初と最後はいらない~左目~

表題曲のアナザーverというか、違う視点での歌ですね。
ここらへんの視点の違いなどはこれからゆっくりと感じていきたいところですね。今は正直、まだ読み取れ切れてません。



7.ヘブンリーブルー

千利休の曲だそうです。ヘブンリーブルーは朝顔の品種ですね。

とても見事な朝顔が咲いたと言う事で千利休は豊臣秀吉を呼んで、茶会を開いたそうです。しかし、秀吉が行ってみるとアサガオはすべて切られており、一輪だけが茶室に飾られていたのです。それを見た秀吉は、一輪で侘びを表現した利休の美学に感心したという話なのですが、
しかし、「凡百のものを切り捨てていく」と歌詞にもあるように、たくさんのものを切り捨てて唯一あなたが咲いているということを利休は暗に示したのかもしれません。
さらには、いまは花開いているがそれは一時であり、午後にはその花びらを閉じるだろう。という痛烈な意味もあったのかもしれませんね。

そこらへんの両人の心の違いなども、よく表現されて創られていて、すごいなぁと改めて石川智晶さんの”汲み取り力”と表現力に感心してしまいました。





以下、リアレンジ曲ですが、三曲ともすごく大好きな曲で嬉しかったです・・・!


歌詞の意味考察シリーズも、またやりたいですね。


ではでは。このあたりで。


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

しゃれを探してみて。

2015.09.17.Thu.19:29
こんばんは。



今日は昼前から、またしても雨。
もういい加減にしてください・・・。


仕事終わりに、石川智晶さんの新アルバムの料金を振り込んできました。
届くのが楽しみです。

わくわく。



そして、デジタルカメラマガジンの見本誌が届きました。

この度、見本誌をいただいたのは、私がどこかにちょろっと出演しているからでございます。



本名の下にしゃれこーべ名義も書いてあるので、発売したら探してみてください。

ウォーリーを探せならぬ、しゃれを探せ!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『私のココロはそう言ってない』感想。

2014.10.21.Tue.23:11
こんばんは。




最近、石川智晶さんの新譜『私のココロはそう言ってない』を買いましたので、その感想を。


曲ごとに、初聞きの印象などを書いてみます。
ひさびさにこの個人的感がブログらしいぜ。






1曲目 『私のココロはそう言ってない』



そう言ってない、そう観えてない。



”声高く”などの余計な助詞までつけておいての、否定形です。

なんでしょうね、この言い回し。
きっと逆説的?な意味があるのでしょうねぇ。



自分がどう感じているか、どうしたいのか。

自分の中の芽吹かない種と向き合っている感じがします。








2曲目 『北極星~ポラリス~』


でました。
ざっと見るだけでも難解なことがわかるくらいの歌詞です。

これは暗号のように一つ一つ読み解かないと、本当の意味が分からないタイプですね。


あと、単純にメロディが好きでした。






3曲目 『ティル・ナ・ノーグ』


BASARAな歌詞ですねぇ(笑)

天下統一目指してますよ、これは。



ちなみにタイトルは「楽園」的な意味だそうで。





4曲目 『何を泣くなんの涙』


しっとり系。

涙系(「涙腺」「落涙」「涙」)は、雰囲気に統一感ありますね。


このシリーズ(?)なかなか好きです。






5曲目 『GIFT』


このアルバムの中では、今のところ一番好きです。


とってもいい歌詞ですねぇ。
初めてのギフトのくだり、グッと来てしまいました。




わたしも誰かに、ささやかなGIFTを与えられるような人になりたい。

たぶん、その手段は主に写真になりますね。








以上、簡単ですがレビューでした。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『もう何も怖くない、怖くはない』歌詞 解釈。

2014.09.02.Tue.20:31
こんばんは。



今日はこの曲を解読。




『もう何も怖くない、怖くはない』


作詞:石川智晶
作曲:石川智晶
編曲:西田マサラ



誰かが息をするたびに
澄んだ水が濁っていく
この森の中にいると気後れしそうだよ

(だれかがなにかをするたびに、濁っていくような世界。気後れするほど)



一心不乱に揺れる花が
その命を突き進んでしまうのは
僕がその声を拾わずにきたから

(一心不乱に生きる者がその命を顧みずに生き抜くのは、僕らがその意思をくみ取らずにいるせいだ)



もう何も怖くない 怖くはない
黄色くなった葉が
剝がれ落ちていく引力を感じても

(命の最期へと引き寄せられていることを感じても)



もう何も怖くない 怖くはない
「生きてる」 それだけで
確かな種を掴んでいる

(生きているだけで確かなすべての可能性を秘めている)



目の前の湖が柔肌をさらしている

(無防備に自然に在る様子)


意図してない場所へ
この雲が転がって行くなら

(私の知らぬところで世界が動いていくのならば)



もう何も怖くない 怖くはない
済し崩しのように朝焼けが見える
ならば雨を降らせよう

(決まりきった毎日に自分の意志で切り開こう)


もう何も怖くない 怖くはない
両手を濡らしてくこの満たされた感情だけで

(その意志によって満たされる心だけで)


予測不可能なこの海原
全うに步いていく常識とか
曖昧過ぎる深刻さなどもういらない
怖くはない‥‥

(パターンの無いこの広い世界、真っ当に世渡りしていくための常識だとか曖昧な真面目さなんていらない)



今は怖くない 怖くはない
黄色くなった葉が
剝がれ落ちていく引力を感じても
もう何も怖くない 怖くはない
「生きてる」 それだけで
確かな種を掴んでいる








「もう怖くない。怖くはない。」

二度繰り返し強調するこの言葉。

あなたにはどう聞こえるだろうか。
強がりに聞こえるか、すべてを振り切った本当の力を持った者の言葉に聞こえるか。それとも自己暗示か。



生きているだけで、全ての可能性を秘めている。

この広い世界で生きていくための、統一ないし均一化された攻略法なんていらない。



すべての人生に、すべての可能性に満ちた種が宿っている。


だから・・・何も恐れることなどないのです。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『落涙』歌詞 解釈。

2014.09.01.Mon.19:24
こんばんは。


鈴仙・優曇華院・イナバのコス、三つ折りソックスとスカートをネット買いました。

なかなかの出費ですが、仕方ありませんね。
なんとか両立できそうなほどには毎日が安定してきた。


現像もコンデジの部が昨夜にすべて終了した。あとはデジイチのほうだけ。

今日も徹夜でがんばろう。(とはいっても朝方から昼まで寝てる)



では今日も歌詞の方を読み取っていきますか。



  『落涙』


作詞:石川智晶
作曲:石川智晶



余計な戯言
浮かばないほど闇雲に
生きぬくことだけ
すべてを注いでいられたら

(くだらぬことを思う余裕もないほどに生き抜くことだけに集中して一直線にすべての力を注いでいられたら)


あたり前に登る月と太陽の下より
荒れた野原の風が性に合っている

(ありふれた日常よりも荒んだ非日常が性に合っている)



戦えど戦えど
終りなきものは見るに堪えない

(進んでも出口の見えないものは苦しすぎる)


ここではなくて
人間の底にある救いがたい悪夢だけ

(そこではなくここの、救いきれないだろう心の闇がそうさせる)



明日が我が身にないかもしれないこと
うすら寒い夜が
すり寄せそっと教えてきた

(明日生きている保証がないことを自らに教わる)

その覚悟なければ
出会うことのない本当の
脱ぎ捨てた自分の力に出会えない

(死する覚悟さえなければ本当の自分の力に気付けない)


慰めに口にする善悪をすべて捨てることで
残された情熱のようなもの
強烈に見せつけて下さい

(口実にしてきた善悪の観念をすべて捨てることで、残された激情だけを強烈に見せつけて)


木々が揺れ
鳥は発ち
草の音が揺るぎなく
一斉にあなたへと流れだす
言葉少なにお別れしましょう

(・・・わからないが、心に訴えてくる何かがある。それぞれが感じ取ってください)


まだ乾いてない傷をさらして
無情の地へ向わせてる何か

(まだ癒えきらぬ傷をさらしてまた情の無い世界へと向かわせる衝動)

一生かけてもその衝動は
私にはわからないでしょう

(その心は私には一生分かり得ないものでしょう)

あなたを想いながらむせび泣く

(そんな健気なあなたを想い、むせび泣く)








出口の無い毎日。

その無情さ、凄惨さに言葉を呈する余裕もなく毎日を懸命に生きていられるのなら。
このありふれた日常を捨ててでも、そちらのほうがずっといい。


そんな心で始まるこの歌。


私もそれに激しく同意してしまった。

でも、それほど割り切って生きられないとも暗に言っている。



その緩やかなむごさに周りを見渡せば、涙が落ちる。

癒えるまもなく生傷は絶えない。
それでも出口の無いこの毎日を続ける歯止めが効かない。


いったい、いつに人は救われるのでしょう。明日か、明後日か。

それさえも見えてこない。



でも、だからこそ面白部分もあるんですよね。

以上。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ