町 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その7 (道中・下)

2013.08.01.Thu.19:00
こんばんは。



それでは、一日あきましたが、廃墟紀行の続き行ってみたいと思います。

道中の【知らない町編】の後編からスタート!




_MG_3678.jpg
坂の町の、中腹あたり。

霊園の近くには青い青い、紫陽花がひっそりと咲いていた。



_MG_3679.jpg
これほど見た目的に、日陰や雨など・・・、日光いらずな花も珍しいものだ。

しかし、この花でさえ、もれなく日光で生きているんだと気づかされる。


日陰者さえ、やはり雨だけで生きてはいけないのだ。厳しい現実。




_MG_3681.jpg

なにやら風貌のかっこいい建物があった。


長瀬産業組合・・・JA・・・。

農業組合関係の建物だったようだ。




_MG_3682.jpg
横顔もかっこいい。

こういう感じの建物ってレアですね。



_MG_3684.jpg

その建物の近くに、
紫陽花と対をなすもの、向日葵

日光に顔を上げる者。



背中合わせのひまわり達

太陽が隠れた今、彼らはそれぞれの方向に顔を向けている。

同じ方向に顔を向けるのは、輝くものが現れた時だけだ。



・・・実際は、そこまで極端ではないけれど、
それでも日光の下に暮らすものほど、利害のスポットライトは明らかに目の当たりにしやすい。

それはまぁ勘違いされやすい必然。





_MG_3692.jpg

かっこいい建物に別れを告げる。



_MG_3688.jpg

町からこの道、少し歩けば、カラフリーな場所へとたどり着けるでしょう。

道のその先に、美しいものが待っていると分かるだけで、人は歩いて行けるものです。




_MG_3696.jpg

かやぶき屋根の古民家を発見。



_MG_3697.jpg
すごい。


保存状態が素晴らしい。

ここまで保護されている感じでなく、自然に建っているかやぶき屋根の家は今まで見たことが無かった。


すごい。




_MG_3699.jpg

色々なものを見つけながら、散歩を続ける。


その見つけたものの中でも、写真を撮るのはごく一部。

恐らく無意識のうちにだが、
感じるものがあり、かつ写真写りが良さそうなものを選び取っているんだろう。




町の水路

うつくしい水路


フィルム調に現像。




_MG_3701.jpg
偏見かもしれないが、水路が美しい町は、景観が優れている傾向にある気がする。


もしくは、その水路造りが、同じ雰囲気の造りで町をかたどっているものの一部だから、それは確かに同じ傾向になるのは必然なのかもしれない。




見知らぬ町に

田舎好きというか懐古厨・ノスタルジストである私には、とても口に合った町だった。


しかし、いまだにこの町の名前を、私は知らない。

意図せず、某アニメのタイトルみたいになった。(笑)




DSC00360.jpg

そういえば、散歩の途中、たまに通る車以外は誰にも会わなかった。

見かけもしなかった。


うんまぁ、人がいたらいたで、ヨソ者を好奇の目で見る視線はあまり好きじゃないんだけど。
それが悪いとも思わないけどね。




_MG_3708.jpg

その町の一部を丸く切り取り、そこからさらに四角に収める。

改めて考えると、どこか不思議なものだ。


ときどき、よく分からなくなってくる。


意識すると、今までどうやって歩いていたか分からなくなってしまったムカデの話のように。




_MG_3709.jpg

町の雰囲気を堪能していると、いつのまにか一周して車を停めた場所に戻ってきてしまった。

目的地までまだまだ時間がかかるし、そろそろ出発しよう。


車内に戻ると、が起きていた。




知らない町を回ってレポートするだけの仕事があればいいのにと思いながら、

その名も知らぬ町をあとにしたのでした・・・。




DSC00382.jpg


次は・・・ここです。




つづきますよぉ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その6 (道中・上)

2013.07.30.Tue.19:43
おはこんばんは。



昨日の記事見て拍手してくださった方々、ありがとーございます!

どうでした? 
てきとーなこと書いてあったでしょ。


記事ごとの拍手と違って、どんどん積み重なってくから、歴史を重ねている感があるのが魅力ですね。



山へ一直線

それでは、紀行の続きへと移りますよ。


道中、猪苗代の景色が良すぎるので、寄り道しました。

目的地は目的地で、着いたら想像以上に楽しいけど、やっぱり道中の寄り道が一番楽しい。
旅の醍醐味は、道中が8割だと思っている。




_MG_3653.jpg

眼前にそびえ立つは、磐梯山です。


広大な平地に、圧倒的な存在感で屹立しております。



_MG_3656.jpg

道は、ながいながい一直線。


電柱だけが、規則的に道の目盛りを刻む。



_MG_3657.jpg

とにかく、全ての規模が広大・長大!


プチ北海道、といった感じだ。




_MG_3658.jpg

広大な田に、ぽつんとお社。



_MG_3659.jpg

もっと時間をかければ、とても絵になりそうな風景だったが・・・。


やめておきました。


結構遠かったからというのもあり、気が向かなかったというのもあり。

ただの気まぐれです。



_MG_3660.jpg

反対側の山も、結構な山岳感をもっておいでだ。
いいね。木がもさっとしていて。

私の車が小さい、小さい。




_MG_3668.jpg

その先に進んでみると、よさげな雰囲気の町がありましたので、外れに車を停めて散歩をしました。


――その頃、鈴は車の中で眠っていたのでした。




_MG_3666.jpg
その町は、写真の通りの勾配のある坂の町。

その麓には、広大な田が広がっており、磐梯山の全貌が拝める。


なんと景観に優れた町なんだろう。




_MG_3663.jpg

_MG_3665.jpg
町というか、村っぽい。(良い意味で)

集落と言った方が無難か。



道端の緑
道の端まではみ出た、畑の葉っぱ。

かぼちゃかな?



IMG_1322_20130730193053ad3.jpg

さぁ、前菜である麓を見学したところで、坂を登ってみましょう。

大きな松だなぁ。



_MG_3670.jpg
農業が盛んそうな、この町。

農業用の自動車がたくさんありました。



_MG_3676.jpg

それと、ひまわりもいっぱい咲いていましたね。



_MG_3673.jpg

夏が似合いそうな所だー。

いいねぇ。




この町のヒマワリ
街の風景とヒマワリ。


一番新しいレンズである、この魚眼レンズにも慣れてきた。

使いどころが難しいですが、広大な風景を収める以外のうまい使い方というものが徐々に見えてきましたね。




DSC00359.jpg

ひまわりをじっくり観察。


じーーーっ。

蓮コラみたいにみえてきた。ぞわわっ。







後半へ続くーーーっ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

出かけなければ、決して出会えないのだ。

2013.01.27.Sun.20:16
こんばんは。


今日はいつもと出発駅を変えて、そこから字面で良さげなところに電車で行ってみました。

着いてみたら、なんとも産業の盛んな地域でした。


しゃれ(うわっ、つまらなそう…(´∀`;))


そんなことを思いながら歩いていましたら、だんだん面白いところに出ていきました。

無意識に無意識に、センサーが面白い方向へと進行させんとするのでしょうね~。



――さて、そんな今日は満月。

・・・は関係ないけれども、続きやりますよ。


Date:2013.1.19

IMG_7582.jpg
町の散策はまだまだ続く。


でも、流石にそろそろ飽きてきた。
足も痛い。
疲労も溜まってきた。

帰りましょう。



この町のどこかにも
土曜日でもスピーディに配達していく郵便屋さん。

私と進行速度がかぶって、お互い邪魔くさい思いもしたっけなぁ。



IMG_7587.jpg
今は使われていない方の線路なので、堂々と踏切に入れる。

堂々と寝っ転がれる。

堂々とでんしゃごっこができる。

堂々とダンスダンスレボリューションができる。


できるけど、通報される。



IMG_7588.jpg
反対側。

こっちに来ることが無いと分かっていても、なんとなく怖いかもですね。



IMG_7589.jpg
そんなこんなで、この日のお散歩は終了。


おつかれさま

でした。



IMG_7592.jpg
車に入ると、風が当たらないだけで暖かい。


座席を倒し、疲れた体を預けます。
そのままぼーっと流るる雲を眺めていましたです。

そんなアンニュイなひととき。ぷらいすれす。





<余談>
Tumblrの投稿で重宝していた『taberareloo』が本元のリブログ投稿の仕様変更により、使えなくなってしまいました。

これでは、生きていけませぬ。
だれかどうにかして。(泣)


ちなみに、『tombloo』の方はアップデートパッチができたそうですよ。→ https://gist.github.com/4643063
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

雪解けの町。

2013.01.26.Sat.20:45
こんばんは。


例の進学の話を父にしたら、賛成も反対もしませんでした。
ただ、現実的に理性的に話し合いました。

そして、話は雪道のホワイトアウトをきっかけに終わりました。危なかった。


根拠もなく、賛成されたらいやだし、嘘つかれても困る。

だから、その反応は私にとって、とてもありがたかった


問題があったら言うはずなので、問題なし。
好きにしていいよ、ってことでしょう。

ほんに、理解のある良き父だ。



・・・というわけで、話が一歩進みましたことをご報告しました。


ちなみに、コメントをいただきましたように、希望の職種の方を言っていませんでした。

未定です。

それを見つけに行くというのも、学校に通う一つの意味でしょう。
色々なことを勉強していくにつれて、写真関係の中でもどういう進路がいいか、自分に合っているか理解を深めることが大事です。


もちろん、先んじて考えていた方が良いのは確かですね。

想定的には、文章を書くのは好きなので雑誌の写真部などがいいかもしれません。
あくまで、希望ですけどね。


そこそこの生活が送れなくても構わないのです。
極端な話、趣味を優先するならフリーでも構わないかと。(最終的にはの話)


休題。



Date:2013.1.19

IMG_7560_20130126195724.jpg

続・雪解けの町、散策。


IMG_7564.jpg
鳥。
名前なんてどうでもいい。

あ。種族名か。


名前は勝手に私が付けてもいいんですね。
よし、「モノクロン」にしよう。モノクローン!


近寄ったら、逃げられた。



IMG_7565.jpg
端に寄せられた雪。

形によっては、道祖神みたいにみえる。ような、見えないような。


IMG_7569.jpg
某神社のお蔵。


前も来たけど、ここはとてもいい。
お気に入り。

鳥居の手作り感と言い、右奥の蔵の雰囲気もグッド。



IMG_7579.jpg
屋根に、のっしと盛られた雪。

綺麗に積っているのを見ると、一種の気持ちよさがありますよね。



雪雫
雪の雫。


ピントがシビアで、5回くらい撮り直しました。
私の撮り方としては、5回はかなり多いですね。

ほかの方の話を聞くと、10枚くらいは撮りなおさないと気が済まないって人もいますが。
こだわりの違いですか…。



IMG_7577_20130126195723.jpg
通学路。

看板が、いい具合にに



背景の通路が少し傾いていますが、これは看板の垂直さを優先したためです。

たまに悩むんですよね。
どこを基準に、水平垂直を出すか。


もちろん、主役に合わせるのが基本的には正解のような気がします。

でも、写真によっては、これを傾けると違和感が半端じゃないっていうのもありまして。



海の水平線とかね。

あれ傾けちゃうと、この世のすべてが傾いちゃうような気がしちゃうね。(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

夢や目標を目指すことが、一番、健全で現実的なことじゃないか。

2013.01.25.Fri.21:34
ぐっどいぶにんぐ。こんばんは。

金曜の夜は、グッド。


なぜなら、明日は休みだからさぁあああああ!!!


シンプルな、ただ一つの答え。





ここで、現在少し悩んでる事について書きます。


高校を卒業し、新卒で就職もやっとこさできて、でもコレジャナイ感を抱きながら働いて。

でも、みんなそんなもんだよな。
今なんて就職難だし、働けてラッキーだよな。
残業代もちゃんともらえるぞ・・・。



・・・だからなんだ?


私は何のためにお金をもらってるんだ?
生活するためだけならば、贅沢しなければバイト代で賄える。

一日のほとんどを費やして、毎日働いて、
いつの間にかできた金銭的余裕でしたくもない贅沢をする。

それって、本末転倒じゃないか?


私は、金持ちになりたいから生きてるんじゃない。

幸せを感じるために、生きている。(大抵の人間はそうだと思うけども)

確かに贅沢をすれば、一時的に幸せだ。
そこそこ贅沢な暮らしも一つの人生の答えだろう。


でも、私はそうではない。
社会人になって、そのことに気付けた。
学生時代にはあまり深く考えないようにしていたことだ。


ならば、したいことをして生きるのが一番健全じゃないか。


私のしたいこと。

好きな、大好きな、写真を撮りたい。撮って撮って、撮り暮らししたい。
それで仕事ができるなら最高。



というわけで、私、会社を辞めて、学生に戻るかもしれません。


いや、“戻る”のではなく、改めて“進む”のです。


幸い、学費と学生期間中の生活費は来年までに貯まりそうです。実家暮らしなので。

進学先は、このあたりで唯一写真を学べる、『日本デザイナー芸術学院 仙台校』です。

とりあえず、資料請求しました。
届いたら、また改めて吟味しようと思います。



まぁ、まだ皮算用なんですけどね。

だから、「そんなことを考えていた時期が、私にもありました」みたいな展開になるかもしれません。(笑)



――さて、その話はひとまず置いておきますね。


そして、私の大好きな風景の写真を載せたいです。



Date:2013.1.19

IMG_7552.jpg
相馬中村神社を出て、雪景色の街並みをお散歩~。

雪かきをしている人たちがチラホラ。



IMG_7553_20130125203735.jpg
トタンの壁に、良い形の木々の影。

いいですねー。
絵画みたいにしてやりました。

飾ってやりてぇ。



IMG_7554_20130125203735.jpg
雪わんこ?
おサレな玄関ですねぇ。

日本家屋も素晴らしいですが、こういう家も素敵。



IMG_7555.jpg
現代チックな家にも、趣があるのとないのがあります。

無ければないなりに、無駄がなくていいと思います。


見た目重視か、機能性重視か、といった好みの問題かな。




IMG_7556_20130125203734.jpg
ここらへんは、洋風な家が多いですね。


上の写真なんて、サンタクロースとか住んでそうなんですが。

特に、ポストがいいなぁ。
そっぽ向いている感じもいい。



IMG_7557.jpg
良い通りだぁ。

意味なく、二回ほど往復したい。(←勝手に往復してれ)


IMG_7558.jpg
街角スナップには、高倍率ズームレンズが便利。

結局フル装備で挑んじゃうのが私なんですけどね。


上の写真は、単焦点レンズへの交換がめんどくさくて、高倍率ズームレンズのまま撮ったんだけど・・・、

ぼけが汚い!><

モノグサっちゃあ、だめですね。




そんな感じで、今日はこの辺で。

まだまだ続きますよ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ