狛犬 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

小高神社と大悲山伝説。

2014.01.21.Tue.18:35
こんばんは。


今日は散髪に行ってきて、すっきりしました。

髪は伸びすぎるとストレスの原因になります。


いまは、重くなったメモリを開放したような気分ですねー。
ちょっと寒いけどさっぱり。



_MG_4324.jpg

それでは、今日もお約束したとおりに、神社仏閣の記事になりますよ。


最初は、『相馬小高神社』から。家族で行きました。

私以外は初詣とのことです。





_MG_4319.jpg

地震で倒れた狛犬。
台座の横に鎮座。

足が壊れてる。




_MG_4320_20140121175257225.jpg

お社も改装(?)するみたい。

全部直してもらえるといいね。



_MG_4322_20140121175311907.jpg

中々よさげな神社というか、正統派な感じの神社です。

徳が高そうな。



垂錆

スナップショットはさみます。


錆の垂れた跡なんか、そそるじゃないですか。
ぞくぞくする。(周りドン引き)




_MG_4342.jpg

お次にやってきたのは、大悲山の薬師堂。


ここはいろいろ曰くありげな史跡なのです。

「日本三大磨崖仏」のひとつで、石仏で有名です。



_MG_4331_20140121180648611.jpg


猫が遠くの方にいたので、追いかけてみた。




_MG_4334.jpg

池に出た。

猫には、逃げられた。



_MG_4336_20140121181159522.jpg

近くには廃屋もあった。



_MG_4340_20140121180645453.jpg

それは兎も角、お堂です。


こちら、拝殿の中に入れるようになっております。




_MG_4344.jpg

そして、拝殿の中のガラスで守られた中に、薬師堂石仏はあります。


思ったよりも大きいです。

立ち上がったら、5m以上はありそう。


この二体の像の他にも、4体ありますが、
ガラスの反射のせいでよく見えない(笑)

こりゃ、ライティングもっと考えた方が良いんじゃないの?w




石は生きとる生きとる。

拝殿を出まして、

妹が発見したのですが、人面石がありました。


突然、しゃがれた声でしゃべり出しそう。

「石は生きとる生きとる。」とか。(福島県民ネタ)




_MG_4349.jpg

横顔。

結局、しゃべらなかった。




_MG_4354.jpg

あと、ここは大スギも天然記念物に登録されていて、ものすごい大きさでした。

今まで見た中でも、三つの指には確実に入る。




最後に、『大悲山の伝説』について少しだけ触れて見ます。


簡単に要約すると、

1.盲目の琵琶法師が、この寺に「目を治してくれ」と願をかける。

2.大蛇が武士の姿で、琵琶法師の元を訪れる。仲良くなっちゃう

3.大蛇は正体を明かし、池が狭く感じてきたんで、池を氾濫させちゃうぞと宣言。

4.他言無用。やぶったら、お前コロス。

5.琵琶法師は悩んだ挙句、みんなにそのことを話す。

6.琵琶法師が大蛇に拉致される。

7.蛇には鉄が毒、というよくわからない弱点をついて、山の至る所に鉄のくぎを打ち込む。

8.大蛇死亡。めでたしめでたし。






なんか、盲目の琵琶法師とか、話とか、
形は変われど、流れはありがちすぎてヤバイですね。(笑)


蛇や龍は、水神というのはまぁお決まりですし・・・。



すげえチャチなかんじがしますが、そんな伝説のある所でした。

おわり。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

猫の進化論

2013.11.03.Sun.18:30
こんばんは。


今日はバイト休みにつき、ぐっすりと寝てました。

9時くらいに寝て、5時に起きたー。



・・・こう書くと、よもや早寝早起きの良い子ちゃんのような気がしますが、

違うんだ。


午前9時に寝て、午後5時に起きるんだよぉ。

吸血鬼みたいな生活してんだから。




_MG_1362.jpg

しゃれ(劇画タッチ)↑


ほんとは、子供のころ買ってもらったドクロの貯金箱です。

その頃はすでに、しゃれこうべ好きだった。



_MG_1367.jpg

扇風機。


部屋にいると何を撮っていいかわからなくなって、
よくわからんアーティスティックな表現をしたくなって、でも、こんな写真しか撮れないもどかしさよ。

写真を撮る人なら、きっと分かってくれる。この気持ち。




_MG_1382.jpg

雪見だいふく。
箱入りの。

一回空けると、全部食べるまで逃げられない。
なぜなら、開封した後に冷凍庫に入れちゃうと、まずくなっちゃうから。(笑)




_MG_1384.jpg

彼岸花を見に、『相馬中村神社』までやってきた。

もはや、このブログ内ではおなじみの神社である。どんだけ行ってるんだ。



_MG_1385.jpg

学生時代に、いやというほど通学路にたくさん咲いていた彼岸花。

内蔵のような、どこかデリケートさを感じる花である。
きっとそれは“美しさ”なのだろう。



_MG_1376.jpg

狛犬さん。



_MG_1389.jpg

旗ですよ。幡。




_MG_1377.jpg

いいにおい。

するなぁと思ったら、キンモクセイだったか。



_MG_1380.jpg

下校中の小学生たち。

にぎやかでございます。




_MG_1413.jpg


おわり。



・・・と思いきや、まだ続く。


_MG_1974.jpg

_MG_1984.jpg

この日は確か、市役所に何らかの手続きに来たついでだった。

この神社、市役所と近いのだ。



帰路を急ぐ

向かいからは高校生が、続々と帰路についていた。

この神社、高校とも近いのだ。



_MG_1987.jpg

虫かごのフタが落ちていた。

カゴの中にいた虫たちは、逃げて行ったのだろうか。



大漁船

堀では、ボランティアの方々が藻を掬っていた。


_MG_1997.jpg

こういった方々のお陰で、この神社は綺麗に保護され続けております。

ありがたや。



_MG_2001.jpg

おっ、猫の二匹連れ。


_MG_2005.jpg

人馴れしているので、近づいても逃げはしない。



_MG_2004.jpg

_MG_2012.jpg

猫をずっと観察している。

時には草むらに身を潜めて、時々シャッターを切る。




_MG_2010.jpg

そんな感じで“ほふく”していたら、通りすがりの女子高生にえらい見られた。



_MG_2017.jpg

_MG_2018.jpg

_MG_2025.jpg

_MG_2024.jpg

_MG_2031.jpg


猫はなぜこんなにも、かわゆしなのか。

猫はきっと人間に可愛がられるために、かわいく進化したのだ。という持論。



今度こそ、おしまい。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

アップデートが必ずしも改善だとは言えない。

2013.03.05.Tue.21:28
こんばんは。


昨日、iPhoneのiosを5から6にしました。

更新データのダウンロードとか、復元とかめんどいんで、あんまりこまめに流行らないんですけどね。
さすがに、バッテリーの持ちが悪すぎるのでアップデートしてみました。



使った感じ・・・まぁ悪くはなってないかな。



特に、予測変換が素晴らしく改善していた。


・・・とはいっても、前のバージョンの予測変換が、一つ前の単語さえ出てこないというクソ仕様だったので、ようやく使えるレベルになったという程度ですね。


そんな感じ。



Date:2013.2.24

IMG_8254.jpg
今日の日記は、ある大雪の日のこと。

こんな雪なのに、出かけたい衝動に負けてしまった。



IMG_8220.jpg
とりあえず、神社に車止めて、そっから雪の中を散策することにした。

雪が予想以上に強い・・・。(||゚Д゚||)



ウッドスタイル
あー、この薪燃やしていいですかね?

暖炉に放り込んでいいですかね?
ないけど。


ネタも寒い・・・余計に寒い・・・ブルブル



IMG_8221.jpg
雪煙る神社。

正直、写真どころじゃない。やばい。



IMG_8227.jpg
記憶のなかでは、稲荷神社だったんだけど・・・

あれー?狛犬ー。



IMG_8228.jpg
おみくじを結びつけるアレの軒にも、つらら。

私の鼻の下にもつららができそうだ。



IMG_8230.jpg
神社を出て、奔放に散歩。


IMG_8231.jpg
きつね目の、ぬこ。


IMG_8233.jpg
少し前を横切った猫をストーカー。



IMG_8232.jpg
曲がり角。


あなたの足跡と私の足
誰かの足跡と、私の足跡。

写真ってのは発想が大事だよなぁと、突拍子もなく思った。



IMG_8251.jpg
おばあちゃんが、腰を曲げつつ雪の中を歩いていた。

なんと哀愁漂う背中だろう。



IMG_8241.jpg
あまり歩いている人がいないなか、女子学生が歩いていた。

寒そうである。いや、寒いだろう。(反語)



雪帰りのピンク
モノクロの世界に、背負ったリュックのピンクが映える。



IMG_8253.jpg
最後に、豚骨ラーメンのおいしいお店。

あったまる~ (・ε・)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

気にしなくっちゃ、気付かない。

2012.10.17.Wed.19:35
こんばんはー。


『あやかし百鬼夜行』では今、ハロウィンキャンペーンをやっていますね。

「ジャック・ランタン」がどんどん強くなって立ちはだかるという、
ポケモンでの主人公のライバルの心境のごとき、焦燥感をひしひしと感じています・・・。(汗)


私のプロフィールアイコンのこーべのふきだしも、そろそろハロウィン仕様にしましょうかねー。



IMG_4393.jpg
さてさて、今日もブログの記事は『相馬中村神社』の撮影会の話。
最終回です。


IMG_4398.jpg
前回の焚き火の煙による、光芒の出現を撮った写真の続きから。


IMG_4408.jpg
私の常用レンズは、「18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [キヤノン用]」ですが、
標準域にして、ゆがみを少なくするために、遠くから少しズームして撮るのがスナップの基本形。


でも、やっぱり歪みってダイナミックさを表現するのに、とても効果的。とても、魅力。

ああ、魚眼レンズor超広角レンズほしい。



IMG_4405_20121017193331.jpg
神々しいですね。

神社で見るからこそ、光芒もより美しく映る。


場所と現象の融合。美の構成。



彼岸だろうが、寝る
神社と猫は、相性がいい。

何故だろう。
そういうものだから、かな。


IMG_4413.jpg
参道を通って、一番大きな鳥居をくぐります。

そろそろお暇です。


写真備考:加工で、粒状感(ノイズ)をアップさせ、クロスプロセスを追加。



IMG_4414.jpg
イチョウの木と空。


だんだん構図取りも、安定してきた感じはする。ヘタにはなってないと思いたい。

ただ、逆に言うと昔の方が写真に“自由さ”があったのは否めない。



IMG_4416.jpg
この日の夕日。


見なくちゃ、見えない。
気にしなくては、気づかない。

意識するところに、無意識があるように。


私はこれから先も、この世界をもっと撮ろうと思う。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

妹と行く廃墟探索遠征・道中編。

2012.04.08.Sun.21:55
こんばんはーです。


昨夜、妹にスマホのメアドの変更の仕方やアプリのことなどを教えていて、
「明日廃墟探索に行くんだ~」と話したら、


妹「あ、私も行く。」


・・・と、

いうことなので、我が妹様と一緒に廃墟探索に行くことになりました。\(^o^)/


地元から、「霊山(りょうぜん)」の曲がりくねった道を通り、「飯坂温泉街」までiPhoneのナビアプリを利用して遠征してきました。

そこに行く理由は、前に来た時にたくさんの廃ホテルや廃旅館があったのが覗えたからです。


長くなると思うので分割して、

今回は、その道中編をお送りいたします。(今回は廃墟出ませんw)


IMG_7158.jpg
山に入るあたりの場所に、神社の幟があったので行ってみました。

『瀧神社』です。

景色もとてもいいです。( ゚∀゚)b



が、


しゃれ「あ。カメラのバッテリーはいってねぇ。」


痛恨

しゃれさん、痛恨のミス!!


しゃれ「さて・・・取りに戻りますか。」

妹「\(^o^)/マジカイナ」



約1時間をかけて家に戻り、バッテリーを取ってから戻ってきました。

妹君には本当にすまないと思っている。


IMG_7126.jpg
気を取り直して、「瀧神社」。


しゃれ「へー。こんなところに神社がー」

妹「さっき来たでしょ。」

しゃれ「なんのことだ。ここに来たのは今日が初めてだが。」

妹「そうでしたね。夢の話だったわ。」


IMG_7123.jpg
そんな会話をしながら、周辺を探索。


IMG_7124.jpg
綺麗な川が流れておりました。


例え、放射性物質が多量に含まれていたとしても、この川の澄んだ美しさは変わりません。


この空気もです。

放射線が検出されたとしても、ここの空気が綺麗なことには変わりありませんのです。



IMG_7121.jpg
小さな滝。

瀧
この周辺には滝が大小、沢山ありました。


瀧神社
なるほど、瀧神社・・・。


“瀧”は即ち、“滝”

龍神を祀っている神社なのでしょうか。


IMG_7171.jpg
なんにせよ、ここら辺の川の神様っぽいです。


苔こっこー
ここは、所謂「秘境」的な神社で、ワクワク度MAXでした。

私の大好物の苔だらけです。


IMG_7146.jpg
狛犬。

狛犬「俺とサッカーしようぜ!」

勝手にセリフを入れてみました。


IMG_7142.jpg
二匹でパス練でもしててくださいね。


IMG_7136.jpg
石段が長かったです。

でも、石段って長ければ長いほどありがたみが増しそうですよね。


秘境的神社の風景
参拝をして、下山。

そして、恒例の構図。


IMG_0365_20120408211849.jpg
神社を後にし、途中のアイス屋で一服。


一休みした私は、引き続き山道を廃墟に向けて走らせるのであった・・・――。


続きますん。



今回はこれでエンドロール。

明日は探索編の前章をお送りしたいと思います。

それではまた明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ