洋風 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

リアル紅魔館、『文翔館』。

2014.11.13.Thu.19:59


山形で撮影し、福島へ戻る道中、
せっかくだから観光をしながら帰ろうという事に、自ずとなった。

無論ひとりで決めたことだ。


私は、明確に言葉にして自問自答と言う手段で決断をすることが多い。
算数を覚えたての小学生が指折り、計算するようなものだ。




さて、帰る前に丁度良くTwitterでまわってきた、【リアル紅魔館】ともてはやされていた建物の存在を知った。
ちなみに、紅魔館とは東方projectにでてくる吸血鬼姉妹の住む洋館のことである。


山形市にある『文翔館』という建物だそうだ。


撮影の翌日(ちなみに車中泊をした)、そこへ向かった。

場所は、なんとも都合が良すぎることに、帰路のちょうど真ん中くらいに位置するところだった。
運転の休憩もかねて見学できそうだ。




_MG_6432_20141113192936cb8.jpg

四時間の帰路のうち、二時間で到着。


おや?

この場所には覚えがあった。  来たことがある。




そうだ、日本一周中に立ち寄ったではないか。

良い建物だなぁと思いながら、あのベンチに・・・。




_MG_6471_20141113193222210.jpg


そう・・・。このベンチだ。


私はこのベンチで休んでいた。

あの時はちょうど閉まっていて中には入れなかったが・・・。


そうか、こういう巡り合わせもあるもんだなぁ。
私と言う人間が無意識に引き寄せているのだ。



とたんに懐かしくなり、しばしあの頃に思いを馳せた。





_MG_6431_20141113192937ced.jpg

さて、気を撮り直し建物の外見から。

紅魔館とは似ても似つかない色の外壁だが、おそらく、部分部分で色が違うのだろう。




_MG_6434.jpg

さっそく中に入らせてもらう。

入館は無料だ。


たしかに洋風チックで、日本ではあまりお目にかかれない造りだ。

紅魔館に似ているかと言われれば、・・・まぁ微妙だが、建造物としてとても興味深い。




_MG_6462.jpg

このルネサンス様式のレンガ造りの建物は、元は山形県庁舎および山形県会議事堂だった。

現在では重要文化財として一般開放されている。




_MG_6438_20141113193216b18.jpg

見るからにとても豪勢な作りだ。

細部に至るまでが丁寧である。






_MG_6439-2.jpg


_MG_6448_20141113194718876.jpg

長いテーブルに、整然と並んだ椅子。


このテーブルの半分くらいの面積が、私の部屋の広さである。



この場合、いいたいことは「テーブル広い!」ではなく、「私の部屋狭い!!」である。





_MG_6450.jpg

調度品の、いちいち素晴らしいこと。


もう分かった分かった、と言いたくなるほどだ。





_MG_6455_20141113194713a92.jpg


中庭より。


なるほど、ここからみると紅魔館っぽいかな。時計とかもあってね。
赤レンガはいいなぁ。



ちょっとハードル上げ過ぎた感はあったが、それ相応楽しめました。




スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

夢や目標を目指すことが、一番、健全で現実的なことじゃないか。

2013.01.25.Fri.21:34
ぐっどいぶにんぐ。こんばんは。

金曜の夜は、グッド。


なぜなら、明日は休みだからさぁあああああ!!!


シンプルな、ただ一つの答え。





ここで、現在少し悩んでる事について書きます。


高校を卒業し、新卒で就職もやっとこさできて、でもコレジャナイ感を抱きながら働いて。

でも、みんなそんなもんだよな。
今なんて就職難だし、働けてラッキーだよな。
残業代もちゃんともらえるぞ・・・。



・・・だからなんだ?


私は何のためにお金をもらってるんだ?
生活するためだけならば、贅沢しなければバイト代で賄える。

一日のほとんどを費やして、毎日働いて、
いつの間にかできた金銭的余裕でしたくもない贅沢をする。

それって、本末転倒じゃないか?


私は、金持ちになりたいから生きてるんじゃない。

幸せを感じるために、生きている。(大抵の人間はそうだと思うけども)

確かに贅沢をすれば、一時的に幸せだ。
そこそこ贅沢な暮らしも一つの人生の答えだろう。


でも、私はそうではない。
社会人になって、そのことに気付けた。
学生時代にはあまり深く考えないようにしていたことだ。


ならば、したいことをして生きるのが一番健全じゃないか。


私のしたいこと。

好きな、大好きな、写真を撮りたい。撮って撮って、撮り暮らししたい。
それで仕事ができるなら最高。



というわけで、私、会社を辞めて、学生に戻るかもしれません。


いや、“戻る”のではなく、改めて“進む”のです。


幸い、学費と学生期間中の生活費は来年までに貯まりそうです。実家暮らしなので。

進学先は、このあたりで唯一写真を学べる、『日本デザイナー芸術学院 仙台校』です。

とりあえず、資料請求しました。
届いたら、また改めて吟味しようと思います。



まぁ、まだ皮算用なんですけどね。

だから、「そんなことを考えていた時期が、私にもありました」みたいな展開になるかもしれません。(笑)



――さて、その話はひとまず置いておきますね。


そして、私の大好きな風景の写真を載せたいです。



Date:2013.1.19

IMG_7552.jpg
相馬中村神社を出て、雪景色の街並みをお散歩~。

雪かきをしている人たちがチラホラ。



IMG_7553_20130125203735.jpg
トタンの壁に、良い形の木々の影。

いいですねー。
絵画みたいにしてやりました。

飾ってやりてぇ。



IMG_7554_20130125203735.jpg
雪わんこ?
おサレな玄関ですねぇ。

日本家屋も素晴らしいですが、こういう家も素敵。



IMG_7555.jpg
現代チックな家にも、趣があるのとないのがあります。

無ければないなりに、無駄がなくていいと思います。


見た目重視か、機能性重視か、といった好みの問題かな。




IMG_7556_20130125203734.jpg
ここらへんは、洋風な家が多いですね。


上の写真なんて、サンタクロースとか住んでそうなんですが。

特に、ポストがいいなぁ。
そっぽ向いている感じもいい。



IMG_7557.jpg
良い通りだぁ。

意味なく、二回ほど往復したい。(←勝手に往復してれ)


IMG_7558.jpg
街角スナップには、高倍率ズームレンズが便利。

結局フル装備で挑んじゃうのが私なんですけどね。


上の写真は、単焦点レンズへの交換がめんどくさくて、高倍率ズームレンズのまま撮ったんだけど・・・、

ぼけが汚い!><

モノグサっちゃあ、だめですね。




そんな感じで、今日はこの辺で。

まだまだ続きますよ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ