本 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

ピンチヒッターの秋。

2015.11.03.Tue.19:37
こんばんは。




今日は本棚がそろそろいっぱいになってきたということで、整理も兼ねて、ブックオフに売ってきました。
しめて2000円くらいになりました。

ネオクとかで売ればもっと高値で・・・と思いますが、ばら売りだと非効率的ですし、まぁめんどくさい。



そして、久々にDVDをレンタル。

借りたのは
『ゼロ・グラビティ』
『僕は友達が少ない(実写版)』←ネタ
『マレフィセント』
『サイコ』

の四作です。


写真ばかり見ていたので、映像もたまにはじっくり見てみようかな~というくらいの心です。







そういえば、キヤノン修理センターから連絡がきまして、ホットシューのロックピンが上がりっぱなしになった件の修理料金が17000円くらいになるとのことです。

いやーけっこうしますね・・・。
カメラとしての性能の重要度と、かかる労力やパーツの交換などにかかる金額は関係ないという事でしょう。


一応保証書も一緒に同封したのですが、それは適用されないのかなー。
今、メールで訪ねているところです。


修理が滞りなく済んでも、おそらく次回の撮影には間に合いそうにないですねぇ。
久しぶりにピンチヒッターKissX5さんにご登板いただきましょう。なぁに、日中であれば撮影に問題ありませんぜ。
レンズは完全に共有してますし、AFの遅さなどに目をつむれば・・・なんてことはないのです。





と、そういう感じで、今日の日中はX5のリハビリをしに、ちょっとした早めの紅葉狩りを決行。

ちょっと操作などが70Dとは違いますからね。
まぁ、昔散々使ったカメラなので一度思い出せばサクサクですが。




もう木々などは秋色ですねー。
イチョウなどは真っ黄色になって、独特の異臭を放ってます。



中旬あたりに、奥会津の昭和村にある喰丸小学校に行こうと思っていたのですが、イチョウが黄色くなる時期を狙っていたので、もうそろそろ行っちゃってもいいのかも。


行くのは面倒だけれど、初めて行くからたのしみだなー。



スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

サマー・コンプレックス~あの夏~

2015.11.02.Mon.17:59
こんばんは。



今日は、三秋縋著の『君が電話をかけていた場所『僕が電話をかけていた場所』の二作を読み終わりました。
二作品は、前後編となっております。

いつもながら、安定したクオリティでした。
二冊ですがライトノベルなのでそこまで長編ではなく、普通の小説の量に換算すれば一冊分くらいでしょうか。


それにしても、あとがきの「サマー・コンプレックス」というのは本当に共感します。

私で言う『あの夏』ですね。幻想的ノスタルジーとも呼んでます。



毎年、私はあの夏を待ってるんです。

でも、二度と来ないんですね。というか、実は一度も来てないんですね。


来年こそは、と今でも思ってます。果たして。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

門司港の図書館。

2014.10.02.Thu.19:31


_MG_3989.jpg

本州から九州への玄関口。

そこにはたくさんの観光地がある。



「門司港レトロ地区」と呼ばれているところだ。






_MG_3988.jpg

そこの一つの図書館。


そこらへんの市立図書館とはわけが違う。趣きある図書館だ。




_MG_3969_2014100219141329a.jpg


_MG_3978.jpg


二階からが図書館になっている。






_MG_3972_20141002191409c2c.jpg

図書館内。


とても閑静だ。司書以外はいない。



どこか、おしゃれなカフェのような格調高い雰囲気がただよう。






_MG_3974_20141002191358a67.jpg


窓枠でさえがメルヘン。




_MG_3987_2014100219260067e.jpg


_MG_3984.jpg


床はツヤツヤである。

灯りと伴って、なんともいえない雰囲気だ。


ちなみにここにある蔵書はちょっと特殊。
外交の場所という事で、外国の本や資料などがある。






名前などは思い出せないのが申し訳ない。


とにかく、おもしろい図書館であることは間違いないのだ。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

立寄り地周辺です。

2013.12.12.Thu.18:17
こんばんは。


今日は、バイトの休憩時間に寄っている場所の写真を。



DSC05226.jpg

まずは、こちら図書館です。

田舎にしては、かなり大きな図書館です。


廃墟写真集なども豊富に取り揃えてあり、素晴らしい蔵書数をほこる。



DSC05264.jpg


駅前にあります。

読書家なら、一日を無料で充実して過ごせる天国。




DSC05260.jpg


私は写真コーナーにしか行かないからわかりませんが、個室っぽいところもあるみたいで・・・、

というか人もあまりいないので、漫画喫茶よりもずっといい。



_MG_3126_201312121758292c3.jpg

景観もこれまたいいんだ。


あれなかんじ。

田舎で、やたらと前衛的というか、キテる店ってかんじのあれ



田舎あるある。





IMG_1554.jpg

あとはこちらのゲーセン。


筐体ゲームをやりにくる。

大体はシューティングだけど(怒首領蜂とか)、最近は格ゲーも開拓し始めた。




DSC05328.jpg

結構長くやっているお店で、今となってはよくわからない広告が階段にちりばめられている。




温度差

一階は、いまはやっていない。



二階のゲーセンの騒がしさと、一階の静けさ、

その温度差がすごく怖い。




何もやっていない前は、たしか本屋だった。

それ以前にも色々なお店が転々と変わってきたのだろう。


身近な建物に、歴史あり。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

続く続く、厄。

2013.06.08.Sat.20:43
こんばんは。


_MG_2658.jpg

さきほど、本屋の前でインキー事件(車内カギ閉じ込め)を起こして、スペアキーを母に届けてもらって帰宅いたしました。


なんと情けない。


これほどまでの、負の帰宅があっただろうか。




――思えば今日は、ツイていない日でした。(遠い目)



数時間前は、『魔女の宅急便』の二巻が出ていたので、「おおっ」と買ったら、
帰りにトイレで手を洗う際に誤って洗面台に落としまして・・・。


そこからはまぁ。ご想像の通り・・・。



泣く泣く再び新しいのを買って車に帰ると、そこでインキーですよ。


なんだよ、そのコンボ。
もうね、神が私を間接的に消そうとしているとしか考えられない。





_MG_2638.jpg
・・・まぁ、それはいいとしましょう。
それすら、良い経験です。

次からは、インキーに気を付けるでしょうし、手を洗うときは本を下に置くかなんかするようになるでしょう。




それよりもね、今日は仙台にお出かけしてきたんですよ。


カラオケとかもやってね。地元よりずっと安い。

お昼も、カラオケ内のレトルト味の甘いカレーですませた。



_MG_2633.jpg
それと、カメラ屋にも寄った。


一眼レフは(入門機とはいえ)気軽に持って歩けないので、サブ機としてコンデジ買おうかなぁと思っていたのですが、

「なんだかんだどこにでも連れて歩いているんだから、これからも大丈夫だろう」という結論に達し。



コンデジの中では、今回GXRP10 KITが安くて、焦点距離もそこそこ幅広く、画質も上々なので、買おうか最後の最後まで迷いました。

買えるだけの金すら降ろした。


でも、結局は買わなかったです。
ネットよりも還元率を換算すれば、2000円ほど安かったけど、それでも買わなかった。


最近、「今でしょ!」というのが流行語だが、「今じゃない」こともあるのさ。



あとは、中古の『シグマ30mm F1.4 HSM』も安く売っていたが、
こちらも今持っている『EF 50mm F1.8』と用途が微妙にかぶりそうだと思い、踏みとどまる。





_MG_2630.jpg
結局は、購買欲の衝動に突き動かされて、理性すら揺らしている可能性が高い。

そのことを考慮して、抑え目にしないと。




今の装備で、カメラ系は今のところほぼ不満はないはずなのです。


もちろん、上を目指せばもっと高く昇っていけるけど。
腕が伴っていないからねぇ。

今の道具をカンペキに使いこなして、レベルを十分に上げておかないと。





_MG_2640.jpg
今日は、前述の『EF 50mm F1.8』だけつけて、カメラを持っていきました。

このレンズは、ほんとうに素晴らしい。



_MG_2641.jpg
フルサイズ機だとちょうどいい画角かもしれないが、私のカメラだと75mm程度のちょい望遠レンズになる。

最初は、画角が狭すぎてあまり常用できないレンズだと思っていた。


でも、今ではこのレンズ縛りができるほどには慣れた。

むしろ今じゃちょうどいいとさえ思えるから、不思議なものだ。



_MG_2644.jpg
たぶん、単焦点レンズに慣れるってことは、被写体との距離を覚えるってことなんだろう。


「ここから撮ったら、ベスト構図!」という距離が、だいたいわかる。
ファインダーを覗いたとき、どういう構図になっているのか想像がつく。

そうしたらもう、こっちのもんですよね。



ところで、単焦点レンズ…けっこう自分に合っていると思うんです。


将来的には、使うレンズが単焦点レンズだけになるかもしれないなぁ。

画角の違う単焦点レンズが三本もあれば、あとは自分が動いてフレーミングすれば事欠かないだろう。


そんな、本日の未来予想図でした。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ