我慢 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

そうだ、今年こそ初日の出。(その3)

2013.01.03.Thu.18:18
こんばんはです。


今日は家族で『山津見神社』という所に初もうでに行きましたよ。


おみくじの結果、中吉

自然の破壊は自分の破壊へつながります。
去年と同じようにしていれば吉でしょう。
旅行は、いつでもよし。
人の言うことは信じてはいけません。

と、いった内容でした。



とどのつまり、私らしくいればいいってことですね。
私らしく今年もいれる、という事ですね。

それは、とても良いことです。最上ですね。



IMG_6968.jpg
さて、それでは昨日の続き。


鹿狼山で初日の出を待望する私たち。

日の出は、もう間近です。
私もカメラのディスプレイをつけて、臨戦態勢。


IMG_6964.jpg
雲の隙間から漏れる強大な光が、地表を照らしていく。


そして・・・



2013年 初日の出

明けましておめでとうございます。


やはり、太陽が出ないと「明けた」という感じはしないので、ここからですね。今年は。



2013年 初日の出(2)
太陽とはここまで大きかったのかと思うほど、その存在感は圧倒的で。

待ち侘びた心境も加算されて、感動も一塩です。


しゃれ「ありがたや。ありがたや。」



IMG_6980.jpg
上の頂上の方では、万歳三唱をしているにぎやかな声が聞こえてきました。

今年の平安を願って。万歳。



2013年 明けましておめでとうございます
今まで山頂を照らしていた明かりも、

その使命を終え、消えた。



IMG_6984_20130103173745.jpg
どんな明かりも、太陽にはかなわない。

偉大すぎる。



IMG_6986.jpg
沢山の人が、カメラで初日の出を収めていました。


初日の出の写真を、毎年一枚ずつ増やして、

死ぬ頃に、それをながめたい。



IMG_6995.jpg
日の出からしばらくして、もう我慢の限界だとばかりにぞろぞろと下山していく人たち。

その《我慢》は、寒さであったり、眠気であったり、気力を保つことであったり。


私と父も、その人波に流されて下山していきました。



IMG_6990.jpg
しかし、下山をなめていた。

膝がガクガクです。笑ってます。
素人の過ちですね・・・。


行きはよいよい、帰りは怖い。



IMG_7000.jpg
相変わらず、膝は震えてますが、下界に帰ってきました。

太陽がまぶしい。


IMG_1057.jpg
帰りに、鹿狼山の缶バッジを貰いました。


しゃれ「『手長明神伝説』・・・?」

調べてみると、鹿狼山の由来は、
鹿と狼を連れた手長明神が棲んでいたからだ、という伝説からだそうです。

へぇへぇへぇ。(17へぇ)



しかし、色々なものを我慢して待望した甲斐がありました。
ご来光のときの、神々しさと言ったら・・・!

来年も初日の出、どこかに見に行きますよ。

乞うご期待!(気の長い話です)
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

風邪も治ったので、今日はレンズのお話。

2012.03.27.Tue.18:29
こんばんはー。

IMG_6765.jpg
風邪、見事治りました。


鈴には「お医者さんに行って来たら?」とも言われましたが、結局行かず。

医者に行っても風邪は治るわけではなく症状が軽くなる程度なので、それだったら少しくらい我慢して体内戦争の終着を待とうじゃないか、というだけの心であります。


ただでさえ最近は便利な世の中ですので、“我慢”というものがうまくできない若者が急増しております。
有名どころでは、「キレる若者」などと揶揄されてしまうことも・・・。

我慢が出来ないという事は、自身をうまく制御できないという事です。
少しくらい不便な方がちょうどいいのです。

それと相まって、最近では効率ばかりが良くなって、人々の“時間の価値”というものが薄れつつあるのを感じます。


話が脱線しました。

これ以上深く話を掘り下げると記事タイトルを変えねばなりませぬ。


IMG_6764.jpg
さて、風邪が治って写真欲も復活したという事で、今日はめくるめくカメラとレンズと写真のお話。


私が一番よく使っているレンズは、X5とセットでついてきたキットレンズ『EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II』です。

日常のスナップではこれ1本で事足ります。


それと一緒についてきた望遠レンズ『EF-S55-250mm F4-5.6 IS II』は鳥や遠くにあるものを撮る時にたまーに使いますが、「荷物をできる限り少なくしたい系男子」としては持ち出すことはほとんどありません。


古今黄昏
最近買った単焦点レンズ『EF50mm F1.8 II 』は、背景を綺麗にぼかしたいときや、シャッタースピードを稼ぎたいときなどにたまに使いますが、もうすこし広角寄りにしてくれないとやはり使いどころの困るレンズであります。

これでマクロレンズなら最高なのですが・・・。


IMG_6763.jpg
そんなわけで、私の撮影スタイルに一番合っているのが「標準ズームレンズ」だということが統計により判明いたしました。

弁解しておくと、今の標準レンズに不満なわけではありません。
軽いし、X5との相性もいいし、使いやすい。

ただ、やはりもっと絞りを開けて、画質が良かったらなぁと思わなくもありませんね。


上を目指したらキリがないことは分かっていますが、“レンズ沼”というものは真に「アリジゴク」であり、私もその甘い罠にまんまとはまりそうになることもしばしば。

ですが、まだ腕が伴っていないと言う節もあるので、しばらくは今のままでいいと思います。


次に狙っているレンズはずばり、シグマの「17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」!

価格も良い感じだし、マクロも案外効きます。
何より明るいですし、広角側も望遠側も今のレンズより幅広いです。

ステップアップにはちょうどいいかな、と思いますです。(o▽n)



書くことはおおよそ、以上です。


駆け出しで知識もまだ拙く、写真を撮るたびに驚きと学習の連続です。

その感動を写真を通して、ブログを通して伝えられたらなぁとおもう今日です。


それではまた明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ