感想 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

『物語の最初と最後はいらない』ちょっとした感想。

2015.09.21.Mon.23:36
こんばんは。



石川智晶さんの新アルバム『物語の最初と最後はいらない』が届いてから、ずっとくりかえし聴き続けています。

聴けば聴くほど好きになっていきます。




今日は曲ごとに、ちょっとした感想を書いてみたいと思います。



1.物語の最初と最後はいらない

表題曲ですね。
タイトルの意味が計りかねていたのですが、ようやくどういう意味でいらないのかということが分かってきた気がします。納得しかけてきました。


『移ろいこそが生きている物語』

この一節に、この曲の答えと言ってもいいくらいに詰まってます。




2.兄妹~aniimouto~

血のつながりがあったとしても、所詮は別の人間。到底分かり合えないことはあります。あわないなら、距離をとればいいんです。兄妹でも、誰でもそう。
無理して、「家族なのだから」とかいう通念で、逃げ場所とか隙間を埋めてしまわないでいいのです。
というか、私には妹が一人いて、一緒の家に住んでいるのに半年以上一言も口をきいていません。だから、かなり身近と言うか、一番シンパシーを感じた曲です。意識はしているけれど、見ていない。

必ずっていうほどに死角にいます。



3.水のないプール

タイトルが非常に好みです。すでに悲壮感と言うか虚無感と言うか、倦怠感があります。
歌詞もじんわりと心に水音響いていくような、染みこんでいくようなそんな印象です。



4.数字

ポップな感じで、曲調が意外に好み。こういうのもまた良いですね。
人の感情を数字に例えて、割り切れない曖昧さを肯定し、尊重するような感じですね。
まぁ厳密に言えば、感情すら数値化できるのでしょう。しかし、独りひとりの計算機は同じ式でも違う肯定を経て、答えを出すものです。だから、難しくて、楽しくて、自由なんだ。



5.landscape

歌詞がこれまた好き。風景が浮かんでくるようです。
うん・・・言葉にできないけど、好きですね。



6.物語の最初と最後はいらない~左目~

表題曲のアナザーverというか、違う視点での歌ですね。
ここらへんの視点の違いなどはこれからゆっくりと感じていきたいところですね。今は正直、まだ読み取れ切れてません。



7.ヘブンリーブルー

千利休の曲だそうです。ヘブンリーブルーは朝顔の品種ですね。

とても見事な朝顔が咲いたと言う事で千利休は豊臣秀吉を呼んで、茶会を開いたそうです。しかし、秀吉が行ってみるとアサガオはすべて切られており、一輪だけが茶室に飾られていたのです。それを見た秀吉は、一輪で侘びを表現した利休の美学に感心したという話なのですが、
しかし、「凡百のものを切り捨てていく」と歌詞にもあるように、たくさんのものを切り捨てて唯一あなたが咲いているということを利休は暗に示したのかもしれません。
さらには、いまは花開いているがそれは一時であり、午後にはその花びらを閉じるだろう。という痛烈な意味もあったのかもしれませんね。

そこらへんの両人の心の違いなども、よく表現されて創られていて、すごいなぁと改めて石川智晶さんの”汲み取り力”と表現力に感心してしまいました。





以下、リアレンジ曲ですが、三曲ともすごく大好きな曲で嬉しかったです・・・!


歌詞の意味考察シリーズも、またやりたいですね。


ではでは。このあたりで。


スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

東方紺珠伝 体験版をプレイしてみました。

2015.08.02.Sun.20:12
こんばんは。




今日は、東方projectの新作『東方紺珠伝』の体験版をダウンロード&プレイしてみました。


とはいえ、さらっとプレイしただけなんですけどね。



今回は事態が事態なので、ミスは許されないということでメインゲームモードはノーミスサドンデス前提ルール。

私は三回ミスができるスペルだということと、祝主役自機昇格ということでうどんげを使ってみました。



敵キャラは、2ステージまでは月の兎(玉兎)でした。どちらも、うどんげとは知り合いのようです。
どちらも、この裏切り者!と本気で恨んでいるような感じではなく、むしろ月での労働条件にとても不満を持っており、地上に移住しようかな~と発言するレベル。


ゲームについては、Normalをプレイしたのですが、なかなかこれが難しい。
一度ミスしてもなかったことにしてチャプターの最初に戻されるだけなので、クリアするまでは任意でなければゲームオーバーはありませぬ。


単純な難易度的には風神録くらいかな・・・?それよりちょっと難しいかも。




ラスボス(おそらく)のことを、狂った統治者?が月の都を悪い方向へと変革させてしまっているとかなんとか。

そいつの命令で、今回の異変はおそらくおこったと予想されます。




繰り返すようですが、まだ全然やってないのでじっくりやってきます。

ではでは

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

70D、第一回テスト撮影。

2015.02.15.Sun.18:33
こんばんは。



今日は新しく買った70Dの設定などをいじいじして、昼前からテスト撮影へ出掛けました。


本日はRAW+JPGで撮っておいたので、JPGのほうを撮って出しでお届けします。

RAW現像を意識して撮っているので、露出が暗めになっておりますがご了承ください。




_MG_0001_20150215175838d20.jpg

初めに部屋のカーテンを撮った写真。


!?なんじゃこりゃ?全然色が違うぞ!




_MG_0008_20150215175848041.jpg

色をgreen寄りにカメラ内の設定で補正しました、これでだいたい実物と同じ色。


しかし、全体的にではなく、どうやら青がすごくマゼンタ寄りの発色をするようです。
んー、結構クセがあるなぁ





_MG_0012_201502151758500ba.jpg

望遠で。


画質ですが、これはやはり解像感が増したのを感じます。細部がカリッとしましたねぇ。






_MG_0015.jpg


_MG_0017.jpg

神社。


なるほど、こんな感じかー。ピクチャーコントロールはオートです。





_MG_0019_2015021518094515e.jpg

HDR機能を使ってみました。
通常なら奥側が白とびします。

補正機能も付いているので、一応手持ちでも行ける・・・と思います。

コントラストが自ずと下がるので、後の処理ありきですね。


ちなみに最高±3で、これがそれです。

よく見る作品的なHDRではなく、あくまで白とびを避けるための手段の一つとして使いましょう。





_MG_0026_201502151809324e6.jpg


海。

あー、いい天気だ。



使ってみた感じとしては、操作性などの外面的なこと。

まず、グリップ感が慣れていないからか、危なげ。すべること多しです。
これはたぶん慣れれば大丈夫かな・・・。


ボタンなどはだいたい覚えました。不満は特にありません。あとは慣れでしょう。


そしてシャッター音はすごく好みです。
X5のカション!という音があまり好きでなかったのですが、70Dはカサン!という乾いた感じでいいですね。クールです。

タッチ画面はこれからじわじわと便利さを痛感していくでしょう。タッチシャッターなどは楽でしょうねぇ。





_MG_0032.jpg

大震災の慰霊碑。

知った名前も連なる。


青空を大きく取り入れ、祈るようにシャッターを切りました。






_MG_0045_20150215180935e78.jpg

クリエイティブフィルターのラフモノクロ。


この粒状感が良い感じですねー。
アートフィルターもバカにできません。

このような加工は、正直Lightroomでも不可能かもしれませんねぇ。ノイズはくわえられますけど、解像感が著しく落ちるのです。





_MG_0060_201502151809428c3.jpg

_MG_0061_2015021518221907f.jpg

HDRの効果くらべ。
これも±3です。

どうしても不自然なトーンにはなりますね。ここから補正で良い感じにできるか・・・。




_MG_0068.jpg

ちょうど電車が来た。


そして何といってもバランスのいい連写スピード。
同じくバランスのいいAFスピードと合わせて、あらゆる場面で活躍してくれることでしょう。

これからの未来が明るいですね。





_MG_0075_20150215182212d7e.jpg


本日のテスト撮影はこんな感じになります。

風が強くて強くて・・・(笑)



あとは多重露出の機能があります。
これもアイデア次第で素晴らしい作品になるやもしれないものです。

多重露光写真については追々やっていこうと思いますので、しばしお待ちください。



これから70Dのご購入をお迷いの方のご参考に少しでもなればとも思います。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『私のココロはそう言ってない』感想。

2014.10.21.Tue.23:11
こんばんは。




最近、石川智晶さんの新譜『私のココロはそう言ってない』を買いましたので、その感想を。


曲ごとに、初聞きの印象などを書いてみます。
ひさびさにこの個人的感がブログらしいぜ。






1曲目 『私のココロはそう言ってない』



そう言ってない、そう観えてない。



”声高く”などの余計な助詞までつけておいての、否定形です。

なんでしょうね、この言い回し。
きっと逆説的?な意味があるのでしょうねぇ。



自分がどう感じているか、どうしたいのか。

自分の中の芽吹かない種と向き合っている感じがします。








2曲目 『北極星~ポラリス~』


でました。
ざっと見るだけでも難解なことがわかるくらいの歌詞です。

これは暗号のように一つ一つ読み解かないと、本当の意味が分からないタイプですね。


あと、単純にメロディが好きでした。






3曲目 『ティル・ナ・ノーグ』


BASARAな歌詞ですねぇ(笑)

天下統一目指してますよ、これは。



ちなみにタイトルは「楽園」的な意味だそうで。





4曲目 『何を泣くなんの涙』


しっとり系。

涙系(「涙腺」「落涙」「涙」)は、雰囲気に統一感ありますね。


このシリーズ(?)なかなか好きです。






5曲目 『GIFT』


このアルバムの中では、今のところ一番好きです。


とってもいい歌詞ですねぇ。
初めてのギフトのくだり、グッと来てしまいました。




わたしも誰かに、ささやかなGIFTを与えられるような人になりたい。

たぶん、その手段は主に写真になりますね。








以上、簡単ですがレビューでした。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『かぐや姫の物語』を観てきた感想。(ネタバレなし)

2013.12.07.Sat.18:48
DSC05331.jpg


かぐや姫の物語

映画館で、観てまいりました。


素晴らしかった。


私はこの物語を見終わった後、しばらくの間は放心状態でした。(号泣)

色々な想いが脳裏をよぎっていたのです。




良かったと、そう言うからには、
やはりある程度の具体性をもって評さなくてはなりますまい。




DSC05310.jpg

まず、アニメーションについての技術などは、
私はさほど興味が無いし、よく分からないので省きます。

でも、素人目に見ても「うーん。すごくがんばったんだねぇ」という事は分かりました。(笑)



_MG_3134.jpg


まぁでも、それは私にとっては二の次。

もちろん、物語の表現に置いてそういった技術とか手法って大事なはずなんですけどね。



肝心なのは物語。


キャッチコピーの『姫の犯した罪と罰』

これがとても気になりました。


そう。原作でも、謎のひとつとして色々と議論されてきた部分であります。



_MG_3128.jpg


かぐや姫は、どうして地球(穢土)にやってきたのか。

とは。


の方はたぶん、みんな分かってると思います。
月の民から見て、穢れた地であるところに生を受けて、人間として生きるとこと自体が罰です。

しかし、なぜそんな罰を与えられたのか、ということは明らかにはされていません。
罪状は不明です。


その解釈も・・・今回の映画で、ひとつの真実が見えた気がします。



_MG_3131_2013120700542075a.jpg


確かに、そうなんだ。
推測としてはやはり、そういったことだったんだろうと、今となっては思えます。

それくらい、個人的にもしっくりきたひとつの解。



「そっか・・・そういうことだったのか・・・そうだよなぁ。」

なんて独り言がこぼれてしまうほどに、衝撃を受けてしまいました。






_MG_3135_20131207005359ed8.jpg


原作『竹取物語』は非常に短く綴られた物語です。

竹から生まれて、大人になり、求婚されて、月からのお迎えが来て、帰っていく。


どこか同情を許さない壁のあるこの物語を、
とても身近なものとしての語り部となってくれたことを感謝したい。



そして、物語の趣旨というか意味というか、

暗に言いたいことも、この映画を通して少しわかった気がする。



大げさではなく、考え方や生き方にも影響しそうな、近年まれにみる素晴らしい作品でした。

おすすめですよ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ