家 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

あやかを拉致し、松島海岸へ連行する旅。Ⅵ

2012.09.06.Thu.21:22
こんばんは。


IMG_2849.jpg
今回はシリーズ最終回。短めです。

松島海岸から仙台に帰ってきた私たちは、
途中あやかがバイトをしているファミマに寄って、カレーの材料を買いました。


そして、あやか宅へ。

あまり、多くを語るとプライバシーの侵害的なアレなので、今北産業。↓



あやかの家で、

カレーを、

おみまいされた。



私も少しですが、手伝いました。
料理なんて何年振りか知らん。


IMG_2854.jpg
おいしかったですよ。
もちろん、ほほが落ちるほどとはいきませんが、家庭の料理的なおいしさ。

むしろ、それくらいのほうが丁度いいです。



その後は、まったり『水曜どうでしょう』を二人で鑑賞。

四国3を見ました。



――そして、外では夜の帳が降り、私はそろそろお暇することにしました。

月が綺麗だったのを覚えています。


でも、眠かったのでなんだか記憶が曖昧なんですけどね。

帰りの電車とバスでは、眠りこけてました。



オチもアガリもなく、おしマイケル。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

鈴の内?

2012.03.23.Fri.19:39
こんばんは。


今日は鈴の家に遊びに行きましたです。

写真は100枚近く撮りましたが、ほとんどが鈴の写真なので、あまり貼れませーん。


さて、お昼ご飯ですが、鈴がビーフシチューを作ってくれました。(昨日、ハヤシライスと書いたのは間違いです(^^;)
私もちょこちょこ手伝いながら鈴の調理写真を撮っていました。


IMG_6577.jpg
ルウをいれてー。

IMG_6584.jpg
まぜてー。


IMG_6592.jpg
できあがり!!

ご飯の盛り付けは島風に。
私はビーフシチューの海に沈没させましたけども。

美味しかったです。


と、載せられる写真がこれしかありませ~ん。

かといってプライベートな出来事を書くことも鈴がNGサインを出すのが目に見えるので自粛。



ブログは短くなりましたが、実際には長く鈴と一緒にいました。

載せた写真こそ少ないですが、実際はいっぱい撮りました。


楽しかったですね~♪(*・∀・)




話変わり、写真の話題にすると、

鈴の部屋が結構暗かったので、ISO800でギリギリ手振れを抑えられるか・・・!というレベルでした。


私が使っているカメラはCanonのX5ですが、このカメラはISO800以上になってくるとノイズの乗りが非常に目立ってきてしまいます。

だから私もなるべく800で頑張っているのですが、同時に「ブレるくらいだったらノイズが乗ってでもISO1600にするべきだ」という思いもあるのです。


いやしかし、そこは貧乏性(?)の私ですから、「もし800でブレなかったら最高じゃないか!」という思いも。

実際、6・7割くらいは800でブレずに撮れるのです。


そこで、前者の思いの反論

「じゃあ残りの3・4割の写真は犠牲になっても良いっていうのか!」

これまた倫理学に沿った正論。


まるで、「大勢を助けるためとはいえ、少数の犠牲を許していいのか」という題の議論のようです。


確かに、大体が成功したとしても、失敗した写真が千載一遇のシャッターチャンスだったりする可能性もあるのです。

それに、風景というものは移ろいゆくもの。
人物など動くものだったらなおさらです。


ずばり、一度失敗してしまった写真を成功させることはできないのです。


もちろん、加工などで修正できるレベルだったりした場合は後々、成功へと変えることができるかもしれませんが、基本は不可能です。

分かりやすく言い換えれば、「二度と同じ写真は撮ることができない」とも言えましょう。


一時休廷。


ふと考えると、私は二度と巡り合えない目の前の景色を捉えたいのかもしれません。

素敵な画像や音楽や動画。
保存したいと思うでしょう。

それときっと同じ。


かっこいいカブト虫、華麗に宙を舞う蝶々。
捕まえたいと思うでしょう。

それときっと同じなんです。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

青天井の下。

2012.02.20.Mon.21:56
こんばんは。

IMG_2379
今日は、登校日にて久しぶりに学校に行きました。

服装検査があったり、テストを返されたり、ラジバンダリー。

国語表現Ⅰのテスト返されました。
92点でした。


毎度のことながら、国語だけは点数が異常に高い私です。
今回は授業も聞かず、テスト勉強も一切しなかったので、改めて自分の無駄な国語力の高さに酔いしれました。

いえ、本当は無駄ではないです。国語力大事。


すき家でのワンシーン
さて、そんなこんなで午前中に解散になり、私は友人たちと昼食をすき家でとりました。

その後は、色々なお店をぶらぶらとしながら、「明日遊ぼうぜ」という話の流れになり、私もしばらくは暇なので
誘いに乗りました。

「でも、あまり金使いたくないんだよねー」と私が言うと、それには同意と友人達。


私と神社巡りや廃墟巡りを共にした事のある友人が、

「よし。なら、神社巡りをしよう!」と案を出しました。

私も最近は神社巡りをしていないので、「いいね!」と賛成。
他の友人も面白そうだと賛成したので、明日は神社巡りの予定です。


紅いボンボン
予定が決まったところで、私は鈴の方の授業が終わるころを見計らって、グループを早抜けしました。

時間はあるので、写真を撮りながら向かいます。


片目の戦士
眼帯をつけてあげたくなった。
でも、掛けるの難しそうね。

花弁のように
もうここまでくると、咲き誇ってる感がある。

鎖
鎖が、なぜ錆びるかをあなたは知っていますか?


錆は触れた部分から伝染するのです。

だから、繋ぐもののどちらかでも錆びてしまえば、もう片方も鎖を伝って錆びてしまうのですね。


なんだか、深いと思いません?


あ、鎖がなぜ錆びるのかはググって確かめてください。(台無し)


有刺鉄線
よく見ると、
有刺鉄線の結び目って、

複雑…。


My House
自分の家というものは、とかく大事だ。

家があるから安心して旅を満喫できる。
疲労を顧みず、走り出すことができる。


そこに家があるから。


「さて、帰るか。」

その魔法の一言で“帰る”ことができるから。


広大
最近は曇天ばかりな天気模様。
その雲の間を縫って太陽はいつでも顔を出してくれる。

ありがたや、ありがたや。


正面から抱きしめるもの
日が暮れる頃、学校に到着。

図書室で友人たちと駄弁っていると、鈴が登場。


鈴は課題の消化に取り組み、私は糸井重里さんの銀の言いまつがいを読んで笑っていました。


IMG_2392
図書室が閉まる時間になり、あきにゃと鈴で販売機の前で駄弁っていると、いつのまにやら校舎には人の気配が無くなり、学校を独占したような気に。

先にあきにゃは離脱し、鈴と私はマックまで歩きました。


色々あったようで、故に色々ありました。


そんな感じ。


初単焦点レンズ
話題変わり、単焦点レンズを買いました。

Canonユーザーならだれでも通る道と言われる、『EF50mm F1.8 II』です。


まだ使いこなせていません。焦点距離の長さに戸惑いました。

でも、単焦点レンズほど「強制ギプス」みたいなレンズはないと思います。

初心者の構図つくりの練習としては申し分ないと思います。


IMG_2400
試し撮り。

F1.8なんて初体験の開放率なので、あまりのボケ加減に引きそうになります。

しかし、描写はかなり良く、ボケもきれいです。
加えて明るいので、室内でもISO200程度でもぶれません。


IMG_2403
しかし、マクロには弱いようで、寄れません。
だいたい50cmくらいは離れませんと。(表記では45cmですが、余裕を持たないとフォーカス厳しいです。)


レビューは大体そんな感じです。

値段はプロテクター込みで、9400円ほどしました。
レンズとしてはかなり安い方です。

これで、ボケの楽しさを味わえればいいなーと思います。


それではまた明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『すべてが終わったら帰ってくるよ…』。

2011.03.17.Thu.13:36
※地震・津波・東日本大震災の記事を閲覧されたくないかたは、どうぞお帰りはブラウザバックで。





≪2011/03/14 東日本大震災 四日目≫

早朝。

私たち家族は車に乗り、家へと向かいました。

RIMG0087

RIMG0147

水没都市・・・とは違うけど、
不謹慎ながら、もう少し水のかさが深かった当時は、その美しさに見蕩れてしまいました。

RIMG0097
コンクリートで丈夫な公民館は唯一残っていました。

RIMG0144
消防車がたくさん並んでいます。

RIMG0146

カメラをもって写真を撮っている、報道者関係の人もちらほら見かけました。

RIMG0124

RIMG0123

RIMG0125

RIMG0126

本当に言葉に詰まるほどに、むごい…。

RIMG0099

家に帰ると、我が家の猫二匹のうちの一匹、「シロ」がお出迎え。

RIMG0100
オッドアイの金と銀の双眸に見つめられると、何かを訴えかけているように思えて。

どこか、さびしがっているようにも見えて。

RIMG0143
車に荷物をを積み!

シロを存分に愛で!

マイホームと愛猫と別れました。


私「すべてが終わったら帰ってくるよ・・・(笑)」

むかうは実家ですが、その分はもうすでに書いているので、これで震災記事の穴埋めは終わりです。



御閲覧ありがとうございました。m(__)m
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ