学校 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

廃校セーラー服撮影。 8

2014.12.05.Fri.17:42
_MG_7748.jpg


_MG_7749.jpg


ジャングルジム付きのすべり台。


いや、すべり台付きのジャングルジムなのか・・・?






_MG_7758_201412051721394b2.jpg

_MG_7759.jpg


すべり台、逆にのぼったあの頃。





_MG_7770.jpg

なかなかお気に入りのカット。


写真用語で、ショットやカットと言う言葉をよく使います。
なんか、バドミントンとかのスポーツみたいですね。





_MG_7774.jpg

頭をぶつけながら、ジャングルジムの中に入ってもらった。




_MG_7778.jpg


_MG_7781.jpg

思った通りの写真が撮れて満足。




_MG_7790.jpg



まだつづきます。


スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

廃校セーラー服撮影。 4

2014.11.30.Sun.19:41
こんばんは。



今日は、らぎちゃんを撮らせていただきました。
わざわざ地元まで来てもらって、私のお気に入りの場所での撮影を行いました。


色々なアイデアを詰め込んだ撮影だったので、失敗やイメージ通りに撮れない事も多かったのですが、多少は結果も出し切りました。らぎちゃんも、すごく頑張ってくれましたよ。


チャレンジって大事ですね。

結果的には、質は高くない写真が出来上がるかもしれませんが、つぎへと繋がるような試みになったのではないでしょうか。


あとは、らぎちゃんとの距離も短くなった気もします。それ、大事ですからねぇ。


なにはともあれ、らぎちゃんにthank you! 感謝。





それでは、廃校セーラー撮影の続きを。



_MG_7510.jpg


_MG_7512.jpg



_MG_7513.jpg


_MG_7516.jpg



_MG_7517.jpg

_MG_7518.jpg


_MG_7519.jpg


_MG_7525.jpg


_MG_7527.jpg


_MG_7529_2014113019042020a.jpg



_MG_7530.jpg



_MG_7541.jpg

これにて、この廃校での撮影は終了。



次はいよいよ、上岡小学校へ。

つづく。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

茨城&栃木・廃校ツアー。 (その六:H小学校・序)

2013.10.22.Tue.17:52
にゃんぱすー。


今日はバイトの面接でした。
簡単な適性検査を受けて話を聞いて、後日結果を報告するそうです。

それだけ。まってます。





2013.9.21

_MG_0810.jpg

『旧上岡小学校』を出た私たちは、

黄昏の中、車を次の目的地へと走らせた。


日程的に、ここら辺の廃校を終わらせて、次の目的地へ近づいておかないと無理が生じる。



_MG_0813.jpg

泣く泣く、私たちは最後に寄るはずだった廃校を捨てて、

『H小学校』へと到着した。


もう日が暮れてしまいそうだ。急いで急いで。



_MG_0812.jpg

ここ『H小学校』は、昭和6年に創立。

そして、平成7年に閉校となりました。



_MG_0815.jpg

花壇には向日葵が植えられており、真夏ならさんさんと屹立していたのでしょうが・・・。

今ではすべてのヒマワリが・・・この状態。


なんとも悲しい情景じゃないですか。



初原小学校

今でも管理されているそうなので、中は諦めていたのだが、戸が開いてしまった。


・・・おじゃまします。



廃校

『旧上岡小学校』よりも小さな木造の机・・・。

小学校低学年層の教室なんでしょうね。



あなたの席

なんとも情緒のある・・・。

この教室に纏わりつくノスタルジックな雰囲気は、すさまじいです。
ノスタルジーレーダーがすごい反応でした。




_MG_0823.jpg

_MG_0822_20131022171212007.jpg

廊下。


たしかに綺麗だ。ちゃんと管理されているみたいだね。

太子町は廃校にやさしい町。



_MG_0818_20131022171213299.jpg

家庭科室にあるような大きな机と、並べられた机と椅子。


天井付近を見てもらえばわかるように、もともとは複数の教室だったようだ。
壁を失くして、いまでは大きな一室になっている。

ここで何が行われるのだろうね。



_MG_0820.jpg

ピアノもあったぞ!

いよいよ謎が深まった。



_MG_0824.jpg

旧校舎の二階です。

ここはほとんど何も残っていなかった。



_MG_0830.jpg

引き出し付きの、大きめの机が一つ残されているのみ。


_MG_0829.jpg

やわらかな黄昏の光が、淡く射し込んできていた。


なにやら窓の外が騒がしい。誰かが校庭まで来たようです。

話し方から想像するに、関係者ではない。同業(?)者だ。




黒板消し

そちらは無視しまして・・・。

黒板にテキトーに字を書いて消してもらった。



_MG_0833_20131022172108a7e.jpg

直接消しているところを撮るより、
黒板を消すのに少し体が伸びているところを撮る・・・なんて方が個人的には好きだ。


直接見せてしまうより、
あえてぼかして、見る人の想像力を導かせることが魅せ方としては好きなんですよねぇ。


説明写真もそれはそれで、ダイレクトに意志を伝えられる。
どちらも一長一短なんです。

ただの表現の方向性の違いかな。



反省室

室内の壁に取っ手があるのを発見した。
開けて見ると、小さな部屋になっていた。

ははぁ。これは反省部屋ですな?



_MG_0841_20131022172114627.jpg

いまは、さすがにこんなものはないですよねぇ。


時代を感じますね。




_MG_0845.jpg

この教室はおしまい。


_MG_0846_20131022173640393.jpg

階段を撮ろうと、露光していると、

どうやら、先ほど騒いでいた同業者たちが校舎内に入ってきたようだ。



しまった、入ってきた戸を閉めるのを忘れていた・・・。

(くだらないこと言うけど、しまったのか閉まってないのかどっちよ。)






踊り場

この写真を撮った後に、ちょうど彼らが階段を昇ってきたところを鉢合わせした。

こっちは実にサイレントだったので、相手側はさぞかし不意の遭遇に驚いただろう。


私は階段の上から撮影してたから、まずは鈴だけが目に映ったはず。

つまり彼らは、階段の踊り場から外をアンニュイに眺めている女子生徒を発見したのである。(笑)



同業者「あ…ありのまま、いま起ったことを話すぜ!
『廃校に制服着た少女がいて、切なげな表情で階段の踊り場から窓の外を見つめていた』
な、何を言っているかわから(以下略」




うん。とても幻想的で、漫画的で、二次元的だ。

そして、ポルナレフ状態




この、つづきはまた明日。つづくッ!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

茨城&栃木・廃校ツアー。 (その四:旧上岡小学校・2)

2013.10.20.Sun.16:38
こんばんはー。


今日は、出身高校の文化祭に行って参りました。

思いのほか知り合いには会わず、でも先生方はちゃんと私のことを覚えていてくれて。
ありがたいことです。


見慣れた校舎。
見慣れた教室。
見慣れた場所の数々。

されど、見慣れぬ顔ぶれ。


なぜか、懐かしさは感じず。
いまだに、自分の腕の中にあるようで。


“ノスタルジスト”としては、珍しい体験をしました・・・。

ここから私は、初めてエスカレーターを降りて、歩き出したんだよなぁ。







IMG_1430.jpg

さぁさぁ、本当の出身校もいいですが、『旧上岡小学校』の続きですよ!

つづきというか、本番です。



下駄箱

離れの校舎に行く途中にある下駄箱。


なぜ玄関ではなく、ここにあるんだろう?
普段、子供たちはここから出入りしていたんでしょうか。



ちょっと古風な職員室

おぉー、職員室はなんか古風なイメージが無くて期待してなかったけど、これは・・・。

どことなく古風な職員室であることが、雰囲気から醸しでていますね。



_MG_0725_2013102015405665d.jpg

低学年の方の教室の戻ってきました。

まずは、この教室から撮りましょう。



_MG_0718.jpg

黒板は、自由にらくがきんちょスペースになっていた。



_MG_0713.jpg


出 没 !




懐古記憶

席がホント、良い感じですよねぇ。



_MG_0730_20131019175336c4f.jpg

でも、実際問題、この机の上では書きづらそう(笑)

溝とかに鉛筆が「ズボッ!」っていきそうですよね。




_MG_0719_20131019175342fe5.jpg

窓の外の風景なんか、理想ですよね。

オレンジ色の秋桜がたくさん咲いているのですよ。


余計な物も見えないし、とても情緒のある教室からの眺めです。




_MG_0731.jpg

席に座ってもらいました。



私、夢なのかただの幻想(幻覚?)なのか、あるイメージがあるんですよ。

古びた校舎の中から校庭を見ているんです。



ちょうど今、写真で鈴が見ている景色が、ほんとそのイメージにそっくりだったんです。




ひとりの放課後

ただ、違うのは、私のイメージはたぶんもっと高い場所からだと思う。二階か三階からだね。

だから、当たり前だけどポストも無かった。


でも、それ以外はほとんど完璧なほど、幻想のままだった。

一目見て、衝撃を受け過ぎて、一時は感無量状態になっていたよ・・・。




いねむり

気を抜いている瞬間、プライベートな状態が、一番のシャッターチャンス


いままでそうやって、自然のままに撮ってきた。

これからは、果たして、そうはいかなくなってくるのだろうか。


だからたぶん、不二さん一行との旅が人物撮影の第一歩だったと思う。

私は今まで人を、風景の一部として捉えたことしかなかったから。
誤解無いように言っておくと、人を撮影したんじゃなくて“人のいる風景”として写してきた、ということだ。



_MG_0735.jpg

_MG_0738.jpg

お次は、渡り廊下を渡り登って、上の方の教室へと行ってみる。


_MG_0739.jpg

何の教室だろうねぇ。

わくわくしながら、うぐいす張りのように鳴く廊下を歩く私であった。


つづく・・・。






今日はここまで!

次回で、おそらく【旧上岡小学校編】は完結します。




ちなみに、わたしはこの学校に着いたとき、「どこかで見たことあるなぁ」と感じておりました。


でも、パンフレットに書いてあるような、この学校が舞台に使われたドラマなどは、私は一切見ていない・・・。




そこで、ぽてとぉ~さんのコメントで、思い出しました。


そう! 東方活動写真館さまが作っておられた、素敵なPV 

『東方白昼夢』です!!





動画を見ていて、いやぁ素晴らしい校舎だなーと思っていましたが、

まさか意図せずに訪問してしまっていたとは(笑)


東方ファンとして、ノスタルジストとして、この動画は最高です。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

花見山に花見に行こう。 ~一分咲き~

2013.04.07.Sun.19:17
こんばんは。


こちらでは、予想したほど暴風という事もなく、ただしとしと雨が降っているような静かな一日でした。

私はほとんどを寝て過ごしました。
起きると、やってくるのは虚無感と頭痛だけ。

そして、夢の残滓に心を揺さぶられる。



Date:2013.3.30

_MG_0326.jpg
今日から、花見山に行った時の記事が続きますです。

鈴もついてきました。



_MG_0328.jpg
福島駅で降りて、そこから少しばかり長距離の散歩をしまして花見山に行くことにしました。

バスもあるんですけど、それじゃ面白くないしね。



_MG_0332.jpg
福島市の街並みをスナップショットしながら歩きます。



_MG_0333.jpg
街の先に山がある風景は、なんとも不思議な光景のような気がします。

あれは「吾妻山」だったか、それとも「安達太良山」だったのか。



_MG_0330.jpg
質。


割れているところから見て、『悪質』という意味か。ちがうか。

なんか『IQサプリ』チックですね。




_MG_0335.jpg
地下道への入り口。

いまだに、こういうのはワクワクします。



_MG_0338.jpg
橋を渡る。


_MG_0339.jpg
橋の地面に白鳥の彫刻。

どうやら白鳥が有名らしい。
たしかに、川の方を見れば白鳥っぽいのがぷかぷか浮いているけど。



_MG_0341.jpg
望遠の圧縮効果。

面白いけど、それだけに乱用依存しないように気を付けないと。



_MG_0340.jpg
ところどころ梅の花が咲いていました。


花見山への期待が高まる。



_MG_0346.jpg
早くも疲れてきた。

基本歩きで今までやってきたけど、徒歩は得意じゃなかったりする。



_MG_0343.jpg
我ながら、街角スナップも堂に入ってきた気がする。

それに、加工での“ごまかし”というか雰囲気付加もうまくなったと思う。



_MG_0349.jpg
ま、他者様の写真見ると、まだまだ空気感が足りないと思う事もあるんですけどね。

逆に、PHOTOHITOのランキングに乗ってる多数の、コミュニティの恩恵に起因する写真なんかよりはいい写真撮れてると思う事も。



_MG_0347.jpg
学校ねー。

個人的に心を揺さぶられるわー。


チャイムの音とか、
休み時間のざわつきとか、
制服とか、

自分の中ではもはやノスタルジア


たった一年で、これだけ懐かしく感じるものなんだ。


ま、それも仕方ないかもしれない。
私は現時点で、生涯の大多数を学校で過ごしてきたのだから。

とても身近だったものに、いきなりお別れして、そりゃあ寂しくもなるよ。


私の場合は、学校が嫌いだった故に、逆にね、
その感情がたたらを踏んで、一層寂しいのかもしれない・・・。


_MG_0348.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ