墓参り | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

廃駅の種。

2013.04.02.Tue.19:59
こんばんはです。

飯の前にブログ更新。日課です。


どうでもいいけど、今日はやけに唇が乾く。

前歯とかを使って、うまく剥いちゃう。指は使わないのがプロ。



Date:2013.3.20

_MG_0224.jpg
この日は春分の日でした。

小高にある、親戚の墓に参ってきました。



_MG_0232.jpg
墓参りしたとはいえ、その時は写真撮らなかったよ。

この頃は、ようやく梅の花が咲き始めたころだったねぇ。そういえば。



_MG_0228.jpg
墓参りの後、大きな鳥居が橋の上に立っているのを見て、その鳥居をくぐって行ってみました。

その先にあった神社は、その名も『多河神社』
聞いたことの無い名前です。

ちょっとググってきますね。



・・・おまたせしました。

一件もヒットしませんでした。

うーん。ま、取り敢えず中の様子を見てみましょ。



_MG_0238.jpg
橋の真ん中に、ふたつの切り株が仁王立ち。

なぜに、こんな邪魔なところに木を植えたのだ。
そりゃ切られるだろうさ。


_MG_0237.jpg
薄っぺらい石橋。

それでも、かなり頑丈だと思われる。



_MG_0234.jpg
本殿。
ごく普通です。


_MG_0230.jpg
七福神も祀られていた。

なるほどー、神仏習合タイプか。



_MG_0229.jpg

_MG_0239.jpg
この神社の駐車場の、レンガ造りの門。

趣きあるねぇ。



んで、多河神社を後にしました。


_MG_0241.jpg
近かったので、寄ってみました。

今は廃駅『磐城太田駅』


いわきの漢字って、こんなカッコイイそれだったのか。
初めて知った。



_MG_0244.jpg
改札を通りホームへ。

せっかく廃駅だという事で、線路に降りてみました。



_MG_0245.jpg
あと何年したら、復旧するかな。


もっと私好みな廃駅っぽくなったら、また来ますね。

ばいばい。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そうだ、桜を見に行こう!(上)

2012.04.21.Sat.22:05
こんちゃー。


IMG_7815.jpg
今日は、今まで通行禁止で今日開放になった『小高』という所に行ってみました。

IMG_7807.jpg
道の両脇が海になってました。


海に挟まれた道を走っていると、海の上を走っているような感覚に陥ります。

これで天気が良ければ大層気分がいいでしょうね。


IMG_7813.jpg
ここに来た目的は、母型の方のお墓参りのためであります。

危険予測ディスカッション
津波にのまれた家の中には新築のものもあり、「これは、むごい」と胸を痛めました。


IMG_7817.jpg
津波にのまれた家々、母が以前住んでいた地域は人よんで「八軒家」

家が八軒あるからだそうです。(笑)


それでいいのか?
一件増えたら「9軒家」になるのかい?
減ったら「7軒家」かい??


IMG_7824.jpg
お墓は大荒れでした。

鎌をもって、耕すように墓周りを掃除しました。


IMG_7828.jpg
こうして地面をよく見てみると、土筆があったりタンポポがあったり、春を感じますね。

IMG_7822.jpg
もう綿毛になっているタンポポもありました。

先走り過ぎだろう。ヤングママかね。


梅堂
梅が綺麗なお寺を見つけました。

IMG_7835.jpg
その裏手に、廃の匂いがしたので行ってみます。

廃ビニールハウスですね。新ジャンルです。


管
内部は見るだけでワクワクするものだらけ。
下手な廃墟物件よりも魅力的です。

なぜなら、私が廃墟で一番好きなのは植物が人工物に絡みついていたりする風景なので。


容赦なく
もう、鼻血が出そうです。
いい具合に絡みついてますねぇ。

クロスプロセス加工で、さらに自分の好みに。


加工は私的には、ソースやマヨネーズなどと同列の調味料だと思っています。
かけすぎれば、本来の味を台無しにするし、かけないとちょっと物足りないというものもあります。

どちらかと言えば、「加工肯定派」ですね。


IMG_7842.jpg
下段のビニールハウスはちんまりとしたもので、小物が色々あって雰囲気出てました。廃の。

混沌とした静寂
一見、混沌として見えるこの風景。

しかし、どこか整然としていて、すっきりしています。


ひき肉というカオスを丸めた食べ物である、ハンバーグのようです。(同意は得られるとは思っていませんが)


IMG_7846.jpg
上段のビニールハウスは広大な廃空間。

そこはまるで、“異世界”


IMG_7845.jpg
長くいると私は元の世界に戻れない気がしたので、3枚ほど撮って早々に退散。


IMG_7847.jpg
琴線の振幅がとんでもないビニールハウスでした。


・・・つづきます。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ムスカ状態。

2011.09.24.Sat.20:03
こんばんは。

R0015783
今日も昨日に引き続き、気持ちいいほどの晴れでした。

R0015784
鈴は情報検定に向けての勉強という呪縛にとらわれて会えないので、
私はお墓参りに行きました。


ついでに、本屋で本を二冊買ってきました。(買った本は読み終わったのちに紹介)

また積読が増えるっていうね(´∀`;)



私の部屋の隅に天高く積み上げられた、本でできたバベルの塔は、もうすぐ神の怒りに触れ、崩れ去ってしまうのではないかと危惧してしまうほど。

そしたら本に書かれている言語は、ばらばらになってしまうのかしらん。
したら、エキサイト先生にご登場願うしかないですねぇ・・・。



――さておき、お墓参りの方は友人のお墓にも寄りましたが、やはり霊園というものは”死”を身近に感じてしまいますね。
亡くなった友人には、お祈りと、私の近況報告をしてきました。

私「俺・・・彼女出来たんだぜ。お前にも自慢したかったなぁ」



R0015790
その帰り、夕焼けが大きくできた水たまりに反射して、とても綺麗でした。


R0015792
しかし、最近色々なことにピントが合いづらくなってきた私の眼には、まぶしすぎました。


R0015786(color)
家に帰ると、飼い猫・ムーがお出迎え。

君のその鋭い眼を分けてくれないだろうか。


R0015798
R0015798 posted by (C)しゃれこーべ
続きを読む "ムスカ状態。"
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

お盆 ~ a traya salver. (Bon Festival)

2011.08.15.Mon.20:16
こんばんは。

R0015403

お盆ということで、今日は父の実家のほうで親戚を回りながらお墓参りをしました。

いくつかの墓場を回ったのですが、その中でも阿武隈川を一望できる場所に立ったお墓を見た時には、なぜか“いいな”と思いました。

ただ単に景色が良いとかじゃなく、川のそばに墓を立てたということが“正しい”というような感覚を覚えたのです。


自分でもどういう理屈でそう感じたのかは分かりませんが、
家でたとえるなら他人の家を訪ねて『自分もここに住みたい!』と思うのと似ていると思います。

つまりは、私は自分が死んだらここに入りたいと思ったという事でしょうね。


・・・もしかして手招きされてる?

R0015395
R0015395 posted by (C)しゃれこーべ



R0015120.jpg
お絵かきお絵かき。
かなり前に描いたウドンゲです。

30ナズーリン
ナズーリン。

いつも思うけど、手抜き過ぎる。


一度、本気で風景スケッチに行ってこようかなー

と思う今日この頃。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ