商研 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

ショーケンのみんなと水族館に行こう!(その3)

2014.01.11.Sat.17:30
こんばんはー。


昨日の続きです。最終回です。




Date:2013.12.26



DSC05372.jpg

さてさて、ようやく紆余曲折を経て『アクアマリンふくしま』に到着した私たち。

市場の方で、少し腹ごなしです。



DSC05373.jpg

わたしはマグロの炙り、姉さんはホタテ。

一つずつ交換し合った。
どちらも非常においしい!



DSC05374-2.jpg

ゆうはサザエ。

いいね、豪勢だねぇ。



DSC05375-2.jpg

あとは、少し色々なところを見学。

時間は昼を回っていたが、昼食は水族館の中の食堂で食べることにした。



DSC05378.jpg

そしていよいよ、水族館内に。

クラゲが出迎えてくれた。癒されるー。



ここからの写真はRX100の独壇場になります。

デジイチ持っていく気にならなかったのもあり、なんとなくこちらのカメラの方が高感度が強い印象があるので。


ただ、MFがめんどくさいのと、接写になるとなかなかピントが合わないという弱点もありますけどね。




DSC05380.jpg

色々な魚を見て回る。

前に来た時より、こころなしか楽しい。



DSC05385.jpg


うわー、すげぇ小魚の群れだー。




DSC05390.jpg

水槽に顔をぴったりとつけると、まるで魚と一緒に泳いでいるようだ。


海の中に誘われてゆく。




DSC05396.jpg

脇目もふらず、全身で泳いでいる。

群れの中で、一心不乱に泳ぎ続けている姿。かっこいいね。


冷たい水の中の、”情熱の世界”だねぇ。




DSC05409.jpg

おや、今度はアザラシですよ。


初春は、アザラシがお気に入りのようだ。



DSC05411.jpg


さて隣の水槽は・・・と、でかっ!



DSC05414_20140111153100a1a.jpg

トドのようです。


いやぁ~でかいなー。



DSC05420-2.jpg

お次はヒトデか。


張り付いている裏側ってのはあまり見たことなかったけど・・・これすごいね。

実際これは、見てみるといいよ。すごいから




DSC05419-2.jpg

しゃれ「ゆうも、水槽になにやら張り付いて・・・。」

   「はいはい、ヒトデのまねだね?」

   「え?撮れって?・・・はい、撮ったよ。」




の図。




DSC05430.jpg


しゃれ「おー!タツノオトシゴだ~!やんややんや」

   「え?名前違うって?」


   「・・・いやでも、これはタツノオトシゴだよ。私ン中ではな。」





DSC05427.jpg

外のステージ。



DSC05426.jpg

休憩。



DSC05434_2014011115360755c.jpg

DSC05436.jpg


青い水槽。

小魚たちの楽園。




DSC05442.jpg

たぶん、この水族館で一番の見どころ。


「海の中にいるみたいだねー」と言っておけば、感想として間違いはあるまい。(笑)




DSC05450.jpg

昼食。


んまい。





DSC05444.jpg


商研のメンバーと行く水族館は、これにておしまいです。


でも、ここで語ったことは実際会った出来事の2割程度でしょう。

他にもたくさん、色々と語りつくせないことがあったのです。



ファミマを探す旅や、
水族館の裏側の見学、
親指にトゲ刺さり事件、
初春あたまにたんこぶ事件
初春はシーラカンスの如し事件・・・。



たくさんありすぎた。






帰り道なんてのは、真っ暗でしたからね。

来た道とは違う、ヘンな山の中通って帰りましたからね。人っ子一人いないの。



んで、対向車とか後続車くると、


「やったー!ひとだぁああ」

「助かったぞぉぉ」



なんて、遭難者みたいな騒ぎになりましたしね。


そんなことも、ままありましたが、
深夜にようやく地元につきまして・・・。


無事、それぞれの家に帰還することができました。



たのしかったです。(小学生の感想みたいだけど)

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ショーケンのみんなと水族館に行こう!(その2)

2014.01.10.Fri.17:41
こんばんは。


商研のメンバーで行く水族館への紀行、つづきでーす。



Date:2013.12.26


_MG_3880.jpg

おでんやキムチを買って、車内に悪臭を振りまくゆう後輩

彼女、実はつらら女だったのです!!




_MG_3881.jpg

つららを舐めて尖らす、つらら女(ゆう)。


その凶器を片手に襲われた。




_MG_3882.jpg

車内に籠城していた初春も襲われた。


こわい。




_MG_3879_201401101709033a8.jpg

水たまりに張っていた氷さえも凶器にします。


こわい。




_MG_3884_20140110170852c8d.jpg

車内にこもったキムチ臭を、寒いけど窓を開けて逃がしていると、素晴らしい銀世界が広がってきた。

田んぼが全体、テッカテカに凍っているのだ。



_MG_3889.jpg

いんやー、見渡す限りの冬景色ですなぁ。

まぶしいです。




_MG_3892.jpg

また、ゆうがはしゃいでいる。

・・・庭駆けまわる、まるで犬みたいだ。




このメンバーの中では唯一写真を撮られるのが嫌いではないようなので、必然的にゆうの写真ばかりが多くなります。

ゆうが特別好きなわけじゃないので、勘違いしないように。





_MG_3893.jpg

足元の雪の結晶というか、こういうのも見てみると綺麗ですね。

せっかくマクロレンズがあるので、撮りましょー。



_MG_3895.jpg

・・・なめたら甘そうだなー。


うんにゃ、なめたりしないけどね。




天狗の家

途中、とても奇妙なものを見かけてしまったので、みんなに許可を取ってUターンをした。


そこにあったのは、なんと天狗の面が無数に飾られた一軒の廃屋だったのだ。

チラッと見ただけでも、よほど印象が強かった。




天狗の館

なんとも不気味というか、気持ち悪さを感じますね。

他のメンバーも各々、そういった不快感を抱いたようです。



_MG_3900.jpg

どういう人が住んでいたのだろうか。

とても気になる。



_MG_3901.jpg

_MG_3902.jpg

変わり者だったということは、ほぼ間違いないようですね。


そしてよく見ると、これらのお面、ほとんどが手作りっぽいです。

ここに住んでいた人が、趣味か仕事で、自分で作ったものなのかもしれません。





_MG_3903.jpg

一見、たしかに気味が悪い



でも・・・撮っているうちに、なんというか懐かしさみたいなものを感じました。

一種の親近感からくる、郷愁の念。


変わり者は、お互い様ということですね。




それでも実際、変わり者同士って、
どちらもそれぞれが違う方向に変わっていたりするので、同情できなかったり、分かり合えないことも多いんです。

普通の人からしたら、もしかしたら意外かもしれないけど・・・。



でも、この廃屋からは・・・なんとなく、昔かいだ匂いがするから。

嫌いじゃ、ない。かな。



【水族館編に続きます→】

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ショーケンのみんなと水族館に行こう!(その1)

2014.01.09.Thu.18:25
こんばんは。


ここ最近、事故関連の暗めな記事が多かったですね。

でも、そちらの方もようやく落ち着きを取り戻しつつあるので、ブログの方も平常運転にしたいとおもいます。




――さて、今日の記事は、
元商業研究部で共にキーボードを打った仲である、友人達3人との旅行ですね。

「姉さん」「ゆう」「初春」という、
古くからこのブログを見て下さった方なら知っていると思われるメンバーです。


今回行ったのは『アクアマリンふくしま』という、いわき市の小名浜にある水族館。

私も何度か言ったことがありますが、
ただいま、私達の地元である相馬市といわき市の中間には原発による立ち入り禁止区域が大きくそびえ立っておりまして。

迂回をするとなると、これが相当遠回りになるわけです。


ま、そんな感じで私が車を運転し、行ったんですね。
なかなか遠かった・・・。(笑)


それではご覧くださいませー。





その日、我々は早朝7時に集った。

しゃれ「しゅっぱぁ~つ。」


運転するのは私、
助手席には姉さん(本当の姉ではないよHN)、
後部座席には、初春とゆうが乗り込んだ。


そんで、ワイワイと。
車内は朝っぱらからのハイテンション。



_MG_3865.jpg


やがて、窓の外の景色は白くなりゆく。

まだ相馬市では雪が全然降っておらず、これには私もテンションがあがった。


少し車を停めて、雪を撮りに出た。



_MG_3864_201401091346271c7.jpg

雪質は固く、雪合戦をするには少々危険度が高い(笑)

写真を撮っているところを、ゆうに雪玉を投げつけられ、私は脇腹を軽く負傷したのだった。



_MG_3867.jpg


そして、寒いからと言って、外に出なかった他二人にも、
制裁を与えに車のドアを開けにいったのだった。

頼むから、車の中を雪だらけにしないでくれよ。



_MG_3868.jpg

そんな感じで、雪道を走っておりますと、なにやら変なものがいたことを確認した。

寒さが苦手な初春を残し、我々はその物体を見に行った。



_MG_3869.jpg


これは・・・?


『モンスターズインク』の「マイク」みたいですけども。

まるで形が洋ナシじゃないか。



姉さんゆうしゃれ「「「気持ちわるっ!!」」」



_MG_4503.jpg

ここで、私がもっているマイクぬいぐるみと比較してみましょう。


シルエットが・・・もうすでに、別格ですね。(笑)





_MG_3870_20140109140613f75.jpg


このマイクモドキは、その大きな一つの瞳で、目の前を通る車を見守り、見送っていた。


ただ、こいつに奇形に目を奪われて、交通事故などが起こらないか。

それが心配だ。(笑)






_MG_3875.jpg

次に、もう少し言ったところにも同じような自主制作のオブジェがあった。

もちろん、行ってみる。



_MG_3877-2.jpg

一瞬名前が出てこなかったが、『ワンピース』の「ドフラミンゴ」ですね。

こちらは、あまりよく知らないので何とも言えないが、マイクよりはクオリティが高いことだけは分かる。



ちなみに、左下がゆうで、右下が姉さん






【次回に続く。】

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

無言の積雪。

2012.02.25.Sat.20:42
おばんでーす。

雪坂
今日は朝から “しとしと” という音が聞こえてきたので、「雨か?」と思ったら雪でした。

雪かきをしないと、ウチのは入り口の坂が登れなくて困るので大変です。(´∀`;)


雪景色
今日は3時から自動車学校の予定だったのですが、学校から電話がかかってきまして…。
よく分からない勘違いをしてたみたいで、今日は来なくていいんだそうです。

うむ。よくわからん。


雪と轍
予定が空いて暇になった私は、写真欲を抑えきれずに雪の中を果敢に写真撮影に出ました。

ざらめゆき
カメラをできるだけかばうも、植物から垂れる雫を撮ろうとして見事にすっころび、レンズが濡れてしまいました(; ̄Д ̄)


あの日のように降り積もる雪
すぐに拭きましたが、ガラス部分は拭いても水気の跡が残ってしまったので、開き直ってそのまま撮ってみました。

ソフトフォーカスになって、良い感じです。狙い通り・・・!


ハニー&カスタード
そういえば昨夜、知らない電話番号から無言電話がかかってきまして・・・。


しゃれ「はいもしもし?」

相手「・・・」



一応出たのですが、ずっと無言でした。



しゃれ「無言電話なら無言電話だって返事してくださーい。」

相手「・・・」



だめです。笑ってもくれません。


仕方ないので切りました。


しゃれ「それにしても、電話番号を通知して無言電話をするなんていう愚者がいたもんだなぁ。」

と、しみじみ。


その日はそれで終わったのですが、電話の相手が今日の昼あたりに判明しました。



犯人は、商研の後輩でした。



後輩「すみません!昨日、間違って電話しちゃいましたよね?」

しゃれ「ああ。あれ、君だったのかw」



聞いてみると、どうやらその子の携帯電話が誤作動を起こしたらしいです。
誤作動で電話を掛けるなんて、はた迷惑な携帯電話もあったものですね。( ̄ロ ̄lll)


その後、世間話をしてからさよならをしました。

それにしても、早くそんな携帯電話は変えた方がいいですよ。絶対。



ふ ん わ り メ ロ ン パ ン
3時はおやつに、メロンパンとカフェラテをいただきました。

カフェ・ラテとメロンパン
カフェラテがほのかに甘くていい香りで、おいしかったです。
初めて買ってきたものなので、当たりでよかった。


昨日が春の陽気で、今日は雪。

なんだか、裏切られた気分ですが、これも一興。


それでは、また明日~♪
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

「最近嬉しかった事を教えて下さい!」≫言うまでもないですね。

2011.09.14.Wed.21:19
こんばんはー。

R0015584

今日は卒業アルバム用の写真を撮ったりして、放課後はいつも通り商研に行きました。

他のメンバーが帰ってしまい、残るは私と鈴の二人きり。


特に会話もなく、鈴が乗るバスの時間まで静かに読書をしていました。

私も鈴も、無言の時間を気まずいと思う性格ではなく、穏やかな時間が緩やかに流れました。。。




そして、6時ころに学校を出て、すっかり浅葱色になった空の下、二人で手を繋ぎながら帰路へと。

繋いだ手は汗ばんでいて、途中で繋ぐ手を変えたり。

時間にまだ余裕があったので、途中ミニストップに寄ってソフトクリームを食べたり。



「こういうの、なんかいいなぁ」
なんて、付き合う以前とは違った充実感を感じます。


もしかしたら、自分の気づかぬうちに人の愛に飢えていたのかもしれませんね。



毎日淡々と過ぎていく授業と対比して、鈴と過ごす時間が浮き彫りになり、とてもいとおしい。

依存し過ぎな気もするが、今のこの多忙な時期を乗り切れているのは他ならない鈴のおかげだと思う。
ありがとう。

R0015598
R0015598 posted by (C)しゃれこーべ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ