初心者 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

ひさびさのスリル。

2013.03.02.Sat.21:02
こんばんは。


IMG_1131.jpg
今日は、久しぶりに中学時代の同級生と遊びに行きました。

約束の時間より、数時間早く家に車をつけてきましたは、懐かしい顔ぶれ。


運転のすさまじく荒い、かっちゃん。
今も健在、モチ。
ドライブ中、いじられまくって、色々あって友情よりおばあちゃんのカレーを取った、だいちゃん。



急いで準備をして、かっちゃんの車に乗り込みました。

しかし、どこに行くか未だに決めてないという。

結局、「ボーリングがしたい」というだいちゃんの意見で、わざわざ仙台に。



IMG_1147.jpg
ダーツ!

4回戦中、二回優勝しました。



場所は、ご存知『ラウンド1』です。


肝心のボーリングは、なぜかやらなかったw



IMG_8281.jpg
遊びに遊んで、帰り道。


なぜか国道を通らず、津波で荒れた道を突き進んでいくノリに。


砂利道をはじめとし、道が無かったり、橋が落ちていたり、

しかも、とっぷり日が暮れても、なかなかライトをつけないかっちゃん。


あげくには蛇行運転。
落ちている段ボールをはねる。
凹凸の激しい道に車がはねる。


10日前にやっと運転免許を取ったかっちゃん。



しゃれ「おれぁ、まだしにたくねぇえよぉぉおおおお!!!!(;´Д`)」

だいちゃん「終わった、俺の人生終わった・・・(´- `)」

モチ「うへうへうへぅへ( ´∀`)」



IMG_1129_20130302202302.jpg
それでもなんとか、地元について。

ひさびさにみんなに会えてよかった。
ひさびさにはしゃいだ。

のどが痛い。


というわけで、とても楽しい時を作る企業バンダイとご覧のスポンサーの提供でお送りしました。


間違った。

とても楽しかった、です。ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

遣り甲斐。生き甲斐。

2012.06.21.Thu.21:34
こんばんはー。


IMG_0273.jpg
今日は心身ともに疲れまして、帰ってきて5分くらい部屋で“無”になってました。(笑)

最近は失敗の許されない仕事や集中力が求められる仕事がでてきて、疲弊してしまいます。


課長曰く、「マンネリ化したり飽きたりはしないけど、その分失敗は多い仕事」なのだそうです。

まぁ、確かに作業的に「ネジの端面削り」なんかを永遠とやり続けるよりは楽しいでしょうねぇ。


うん。失敗は多そうだけど、やりがいはありそうです・・・。(強がり)



就職してからはいろいろ大変なことだらけですね。

車もそうですし、今の私は色々初心者です。


それでも、やっぱり「新しいこと」っていうのは新鮮で楽しいものです。

苦でさえ、楽しさに変えることができるのが初心者の特権だと思います。


そういう意味でも、「初心忘れるべからず」・・・なのでしょうね。





――さて、仕事のことを考えるのはやめにしましょう。

私は、家にまで学校や仕事を持ち込まない(持ち込みたくない)タイプなのです。


そんなことよりも、写真について語らいましょう!


IMG_0272.jpg
今日撮ったばかりの、撮りたてほやほや写真。

とても暗かったので、絞りを開放よりも一段階絞り(F2.2)、露出補正を下げてISO200で対応。


私の中では、ISOを下げるのは最後の手段です。

絞りや露出補正を妥協できない場合は仕方なく上げますが、ISO1600以上はあまり使いません。

なぜなら、絞りに差ほどこだわりがない場面が多く(いつもF5.6くらい)、露出補正についてはあとで加工ソフトで修正できますが、ノイズを減らすことは難しいからです。


そこらへんの折り合いをつけるのがカメラの楽しさですよね~。( ゚∀)



光沢する雲と我が行く先
大神宮の前で撮った風景写真。


雲にAE(自動露出)を合わせ、雲のディティールを潰さぬように努め、暗くなってしまった下半分の道はソフトで修正。

私のレタッチ技術ではこれくらいが限界でした。



思いがけないシャッターチャンス
走行中に、車内から窓を開けて撮った写真。(あ、私が運転しているわけではないですよ?)


「あっ、タイミング遅くて夕日が隠れちゃった!」と思いましたが、ディスプレイで確認してみると、思いがけず良い感じの写真になってくれていました。

意図せず、自分のベストを超えた写真を撮る“奇跡”は、たまに起こりますね。






たまに自分がなぜここまで写真という媒体に拘って、撮り続けているのかわからなくなります。


しかし、すぐに思い出すのです。


理屈ではない撮る楽しさと、

写真を見返す時に蘇る、思い出の鮮明さ


私はまだ“はっきりとした写真”しか手を出していませんが、いずれはアーティスティックな写真も撮るようになるのでしょうかね?

芸術は自由の象徴だと、私は思うのです。



写真撮影。

マンネリしそうになく、やりがいのある趣味だと思っています。

いつまでも、いつまでも、続けられたらいいな。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ