光のページェント | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

仙台 光のページェント、行ってきました。

2014.01.03.Fri.18:49
こんばんは。


今日は、三が日の最終日という事で、近所の神社を巡ってきました。

昨日ご盛況だった中村神社も、今日にはそこまで人もおらず、
大きな神社も他にないため、どこも正月でもそんなに変わらぬ参拝者の数でしたね。


中村神社に至っては、今年は午年(うまどし)という事もあって、馬を祀っている神社なんだから、もっと盛り上がってるかと思ったら、
そうでもありませんでしたね。




――さてそんなお正月の今日、とても季節外れになりますが、12月のイルミネーションの写真を。

仙台の光のページェントです。



Date:2013.12.17

DSC05359.jpg

去年、たまたま見た光のページェントが素晴らしかったことを思い出して、電車で仙台まで見に行った。



DSC05362.jpg

駅前のsuica達も、冬服の装い。

「笠地蔵」の話を思い出すなぁ。


耳当てでもつけたら恩返しに来てくれるかしらん。



_MG_3587.jpg

仙台で散々遊び、暗くなってから勾当台公園近くまで歩いた。



_MG_3590.jpg

いよいよ、クリスマスってかんじだ。

町中では、少し早めのサンタクロースをちらほら見かける。



光のさなぎ

遠くの方に、光を放つサナギのようなものが見えてきた。

あれだろう。



_MG_3599.jpg

大きな木に、電飾が巻き付けられているのかー。

木の下、イルミネーションの中に入ってみると、なかなか壮観。



_MG_3600_20140103161947613.jpg

この時とばかり、自転車で通る人も一瞬、上を見上げる。

光にはやはり、人を引き付けるものがあるよね。


というか、生き物全てが光に惹きつけられているんだろうなぁ。




_MG_3619.jpg

_MG_3622.jpg

光の花園。



_MG_3625_2014010316180476b.jpg

『竹取物語』に出てくる、“蓬莱の玉の枝”とはこういうものだったのかもしれない。

そんなことを思わせる。



_MG_3605.jpg

ついに、光のページェントが点灯した。


観衆が沸く。

私は、それを醒めた目で見つめていた。


まるで私の目は俯瞰から眺めているようだ。
目の前の、光り輝く橙色のイルミネーションが、鳥瞰図のように平面に見えた。



去年受けたような感動は、内に湧き起こらなかったのだ。
自分を疑うほどに。




_MG_3609.jpg

新鮮さが無くなったからなのか。
あの時のように、雪が降っていなかったからなのか。

なぜだろう。



仙台 光のページェント

たしかに、綺麗だ。

けど、あのときのような振り切れた感動は起こらない。不思議だ。



_MG_3647_201401031628303fe.jpg

サンタカーだ。

こちらの方がよっぽど面白い。


イルミネーションは、もう飽きた。




イルミネーションの間の満月

イルミネーションの合間から、みごとな満月が見える。


ああ、そうか。

やっぱり人口の光じゃダメなんだ。



その満月を見て、私は感動した。


何度も見ているはずの月に、心を動かされてしまったのだ。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

光に群がる虫の一匹。

2013.12.17.Tue.18:26

こんばんは・・・。



_MG_3084.jpg



今日は、仙台に光のページェントを見に行っております。

イルミネーションね。




去年も見たけど、すごいんだ。これが。





_MG_3087.jpg

昨夜は、月暈と月光環のレアなコラボが見れたので三時くらいまで撮影してたけど、行ってくるよ。





だいじょうぶ。


男の子だもん。




_MG_3089.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ