テンション | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

日本海に沈む夕陽を撮りたくて。 第五話

2012.12.05.Wed.20:41
――時は満ちた。



IMG_6115.jpg

しゃれ「太陽ぉぉぉおおおおお!!!」


その時、太陽が雲から姿を現わしたのだった。



IMG_6117.jpg
ということで、こんばんは。

たまには、突然始めてみました。


近くなる太陽
眩しい日差しに、目をくらませながらも、

カメラの画面越しに、その偉大な姿に歓喜した。


IMG_6127.jpg
しゃれ「ご来光だ・・・願いは叶った」

鈴「綺麗だねぇー」


本当は『日本海に“沈む”夕陽』が念願だったんですけどね。
「もうこれで充分」って思ったんですよ。そのとき。



IMG_6128.jpg

ここからは、ご来光にテンションが上がりまくっている私をスリーカットでご覧下さい。


IMG_6129.jpg
しゃれ「ひゃっはああああ!!世界が輝いているぜぇええ」


日本海の夕日を前にはしゃぐ私に、後光が射す姿をご覧ください。
しゃれ「月の光を浴びて煌き瞬く星のように、

この星も!

今!

    輝いてるぜぇえええええ!!!




いまだかつてないテンション。

キャラがたやすく崩壊します(笑)



IMG_6117.jpg
しゃれ「俺は駆け降りるぞ、ジョジョーッ!」

坂を落ちる勢いで駆け降りる私。


鈴「き、気を付けてねー!」


ちなみに、鈴はこの時「あ、この人死ぬわ」って思ったらしい。

私は死なん!


IMG_6119.jpg
すばらしい日本海がそこに横たわっていた。


IMG_6125.jpg
このために・・・この瞬間のために、私はここにいる!!


そう実感した。



IMG_6122.jpg
鈴とも記念撮影をし終えると、
鈴が「寒い!帰ろう!」と逃げ出しました。

限界だったようです。



IMG_6132.jpg
私は最後に、名残惜しむように何枚か撮影をして、撤収準備をした。

風がますます強まってきた。


しゃれ「さ、ホテルにチェックインしに行こう。」


IMG_6136.jpg
帰り際振り返ると、日本海に沈む太陽がかすかに見えた。

願いは叶ったようだ。
悔いはない。


しゃれ「またくるぜ、日本海!」


その時の私の顔は、満面の笑顔だったに違いない。




日本海で記念撮影
ありがとう日本海。
ありがとう新潟。
ありがとう太陽。

もうすべてが報われました。

長時間バスに揺られ、尻を痛め、
天満宮に神頼みし、
小雨に降られ、
冷たい風に打たれ、

それでも、諦めずにいた甲斐がありました。


happy end.

...?




 もう少し続きます。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

某氏の洗面所。

2011.08.18.Thu.20:51
こんちゃーっす!


お、今日はなんだかテンション高めだなと思った、あなた!



そうでもないです。


いつもどおり、真顔でブログ書いてます。

想像すると笑えてくるでしょう?



さて、今日は地元の墓参り言って、ツタヤでDVD借りた程度で他は何もありませんでした。

そんなわけでおとといと昨日の続き、行ってみようかー!


――【あらすじ】廃墟の裏に偶然見つけた、小野川湖を一望できる絶景をじっくりと堪能した私たち核家族。

次に向かったのは、エメラルドグリーンカラーで綺麗だと噂の川であった・・・!


R0015510
上から川を見てみますと・・・。

私「?(´・ω・`) そうでもなくね?」

すごく高くて“タマヒュン”だった以外に、特に感想らしきものは浮かびませんでした。
正直、何の変哲もない普通の川にしか見えません。


R0015529
そんな微妙な顔をした私たちは、
『まぁ騙されたと思って』と言う気持ちで森の中を下に下って行きました。

R0015530
暑い日差しもここでは木々に遮られ、新緑特有のすがすがしい空気が流れています。

足元の安定しない自然素材で人口の階段に足をとられつつも、汗だくで私と妹は下って行きました。



あ、ちなみに父は途中で脱落しました。


ここでまさかのドロップアウトwwwおつかれさまでしたww


R0015524
そんな父の姿を尻目に下っていきますと、ついに川のほとりへとたどり着きました!
子供たちのはしゃぐ声が聞こえてきます。

R0015525
おっ?(゚д゚;)

R0015517
おおっ!?((゚д゚;))

R0015518
すげぇぇぇええええええ!!! Σ(((゚д゚;)))


まじでエメラルドグリーンでした。

正直、馬鹿にしてました。すみませんごめんなさい。

ビンがあったら汲んで持ち帰っていたレベルでした。


私「なんでこんな色なの?(・ω・`)」

私「デスラーさんが上流で顔でも洗ってるの??(・ω・`)」




手持ちの本で調べてみると、『浅葱色』(あさぎいろ)という色にいちばん近いように感じました。

あ、調べた本ってのはこれね↓
道行 めぐ,一校舎国語研究会
永岡書店
発売日:2009-12-10



そんなわけでおとといの記事、これにて完結!!
長い文章にお付き合い下さり、ありがとうございました!

明日からは通常通り、当日の記事に戻ります。


それでは、ばいに~~ノシ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ