もう何も怖くない、怖くはない | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

『もう何も怖くない、怖くはない』歌詞 解釈。

2014.09.02.Tue.20:31
こんばんは。



今日はこの曲を解読。




『もう何も怖くない、怖くはない』


作詞:石川智晶
作曲:石川智晶
編曲:西田マサラ



誰かが息をするたびに
澄んだ水が濁っていく
この森の中にいると気後れしそうだよ

(だれかがなにかをするたびに、濁っていくような世界。気後れするほど)



一心不乱に揺れる花が
その命を突き進んでしまうのは
僕がその声を拾わずにきたから

(一心不乱に生きる者がその命を顧みずに生き抜くのは、僕らがその意思をくみ取らずにいるせいだ)



もう何も怖くない 怖くはない
黄色くなった葉が
剝がれ落ちていく引力を感じても

(命の最期へと引き寄せられていることを感じても)



もう何も怖くない 怖くはない
「生きてる」 それだけで
確かな種を掴んでいる

(生きているだけで確かなすべての可能性を秘めている)



目の前の湖が柔肌をさらしている

(無防備に自然に在る様子)


意図してない場所へ
この雲が転がって行くなら

(私の知らぬところで世界が動いていくのならば)



もう何も怖くない 怖くはない
済し崩しのように朝焼けが見える
ならば雨を降らせよう

(決まりきった毎日に自分の意志で切り開こう)


もう何も怖くない 怖くはない
両手を濡らしてくこの満たされた感情だけで

(その意志によって満たされる心だけで)


予測不可能なこの海原
全うに步いていく常識とか
曖昧過ぎる深刻さなどもういらない
怖くはない‥‥

(パターンの無いこの広い世界、真っ当に世渡りしていくための常識だとか曖昧な真面目さなんていらない)



今は怖くない 怖くはない
黄色くなった葉が
剝がれ落ちていく引力を感じても
もう何も怖くない 怖くはない
「生きてる」 それだけで
確かな種を掴んでいる








「もう怖くない。怖くはない。」

二度繰り返し強調するこの言葉。

あなたにはどう聞こえるだろうか。
強がりに聞こえるか、すべてを振り切った本当の力を持った者の言葉に聞こえるか。それとも自己暗示か。



生きているだけで、全ての可能性を秘めている。

この広い世界で生きていくための、統一ないし均一化された攻略法なんていらない。



すべての人生に、すべての可能性に満ちた種が宿っている。


だから・・・何も恐れることなどないのです。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

たまたまみつけた廃牧場。

2013.11.25.Mon.18:13
こんばんは。


_MG_2378.jpg

ひさびさに、廃墟写真を載せますよ。

紅葉狩りに、霊山に行った時にたまたま見つけた廃牧場です。



外から見ると、結構な大きさです。
興奮しつつも、侵入経路を探しました。

川をジャンプでまたぎ、藪を漕いだ・・・。




_MG_2380.jpg

牛小屋の横の、小さな建物のに入ります。


んー。どういった建物なんだろう。

わかんない。



モノクロリズム

同じ建物の、外側の風景。

陰影がリズムを刻んでいる。



_MG_2384.jpg

そして、牛小屋の方へ。

いまだに、少しくさい。



IMG_1538.jpg

大概、ガタがきてますね。

天井が所々崩れております。



_MG_2386.jpg

錆たトタン屋根の穴から、光の玉。



番号札

番号札がかけられている。

牧場のだよねぇ、って感じはする。




_MG_2390_20131125175051d57.jpg

こちらは、二階建ての建物。



_MG_2391_20131125175104d99.jpg

窓からの景色。

見て分かる通り、牛小屋と近い場所にあります。



_MG_2392_201311251751128a0.jpg

こちらは、住宅かな。

かなりの崩壊っぷりです。



_MG_2394_201311251750537b1.jpg

草木萌ゆる廃屋。



_MG_2397.jpg


『正直に腹を立てずに撓まず励め』


終戦時の内閣総理大臣、鈴木貫太郎の言葉ですね。



背もたれのいらぬ椅子

壁際の椅子。


Mossy Chair

苔むしている。



_MG_2401_201311251757411c0.jpg

おじゃましました。


秋の廃墟、いいじゃないですか。

夏の終わりから秋にかけて、最もノスタルジックな季節です。




_MG_2404.jpg

廃墟と秋の葉は、やっぱり本質的に似ているよ。

朽ち落ちる運命にある。



_MG_2377.jpg


『黄色くなった葉が 剥がれ落ちていく 引力を 感じても』

by「もう何も怖くない、怖くはない」/石川智晶



わたしの大好きな歌の、歌詞が浮かんできます。

とても退廃的で、目の覚めた言葉・・・。




_MG_2406.jpg


ただ――


廃墟にはもう、春は来ないんだね。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ