お堂 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

廃寺「詐欺寺」の探索記。

2016.07.04.Mon.20:47
こんばんは。


長らく、廃墟について全くブログで取り上げておりませんでした。

しかし、この前の遠征の時に濃ゆい物件に行ってきたので、そちらの方を久しぶりに綴ってみたいと思います。




通称 詐欺寺


霊感商法で幾多の信者から金を巻き上げ、そしてその金で建てた寺が山奥に今も眠っている・・・。


最近は、なにやら様子が変わったようで、私はそれを確かめに行ってきました。



IMG_5041_2016070420002584b.jpg


長く傾斜のきつい石段を登る。




IMG_5092_20160704201315881.jpg


本堂が前方にそびえ立つ。


私は左側の建物の方へまずは潜入した。




IMG_5045.jpg

IMG_5046_20160704200028d82.jpg

階段をあがる途中に、なにかがかかっている。


そう、ブラジャーだ。


たくさんのブラジャーがかかっているのだ。





IMG_5049_20160704200030ca9.jpg


IMG_5052.jpg


二階の大広間。荒れている。





IMG_5047_2016070420002973b.jpg


むむ・・・これは血痕・・・か?


嫌な予感しかしない。




IMG_5056.jpg


三階へ昇ろうとすると、階段の裏側にもブラがかかっていることに気づく。


ご苦労なことだ。





IMG_5060.jpg


IMG_5065.jpg


三階の入り口から、怒涛のブラのラッシュだ。

壮観である。



しかし、これはまだ序の口だったとこの時、まだ私は知らなかった。




IMG_5070_20160704202008add.jpg

裏側から。


なにやら女のうめき声のような音が聞こえる。私は静かにシャッターを切った。




IMG_5073_2016070420200905a.jpg


廊下も下着だらけだ。




そして廊下を抜け、私はたどり着いてしまった。


やつのねぐらに。



IMG_5076.jpg


綺麗な赤いベッド。どこからか持ちこんだのだろうか。



いやいやいやいや!それより上、上!

ブラジャーの水揚げ漁みたいだが!!?




IMG_5086.jpg

IMG_5080_20160704202329ad1.jpg


わたしの心臓はバクバクと音を立てる。森でくまに出くわした時と同じような、緊迫感。

その部屋にいたのは数十秒だったろうが、長く感じた。


私は素早く写真を撮り、部屋をあとにした。




IMG_5082_20160704202331afa.jpg

真向かいの部屋は和室。

真ん中に高そうな大きな花瓶。

それを取り囲むブラジャー。



狂ってる・・・。





IMG_5089.jpg


早々にこの建物を出ようと、静かに足早に踵を返すと、どら焼きがぶら下がっていた。


ガーターベルトにぶらさがっていた。びっくりどら焼きが。


いやはや、こちらがびっくりだ。

なんだろう、パン食い競走みたいにして食いつけってことだろうか。


するか!! ドラ◯もんでもあるまい。




IMG_5093.jpg

次は離れにあるこちら。

ちなみに、本堂はがらんとしていたのでスルー。



IMG_5094.jpg

非常にごちゃごちゃしている。



IMG_5095.jpg


開放感のある物件ですねぇ。




IMG_5098.jpg

次はこちら。

観音開きの戸を開けると・・・



IMG_5122.jpg


圧倒的黄金空間。


準本命の光景、無数の位牌が散らばるお堂でした。


魚眼レンズで撮影。





IMG_5133.jpg


一応、よく見る写真の場所なので知ってはいたが、やはり実際見てみるとなかなかの光景だ。



IMG_5100.jpg

パノラマ撮影。

20枚を後にソフト合成。


超広角を持っていないので、自ずとこういう手法になる。




以上。

見たい光景が全て見れたので、早々に退散しました。



ここはあまり長居はしたくない。

しかし・・・インパクのある物件でした。記憶に非常に残る、そんな廃墟でしたね。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

村松山虚空蔵堂 その1

2015.08.03.Mon.19:41
こんばんは。



栃木・茨城遠征に行った帰り・・・。


暑さと疲れによる眠気が極限に達し、

少し仮眠をとろうと帰り道の道路を外れ、ハンドルを右に切りました。



日陰の空き地に車を停め、しばらく体を横たえていると、ドンドコドンドコと太鼓の音がしてきました。

気になった私は、音の正体を確かめるべく行ってみました。



_DSC3639.jpg

ここか。

『村松山 虚空蔵堂』



虚空蔵菩薩を本尊とするお堂ですね。
弘法大師によて創建されたそうです。


弘法大師(空海)は、室戸岬の洞窟・御厨人窟に籠もって虚空蔵求聞持法を修したという伝説があります。






_DSC3640.jpg

さっそくご参拝いたしましょう。



_DSC3641.jpg

立派な門をくぐり、境内へ。



_DSC3644.jpg

渡り廊下があり、説法部屋みたいなところにつづいておりました。


どうやらかなり規模の大きなところのようですね。

・・・儲かってるようです。





つづきます。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ヒットアンドファーラウェイ。

2013.03.18.Mon.19:58
こんばんは。


最近、少し大胆な企画をしています。
でも、うまくいきそうにないです。

まぁ、うまくいけばいいなぁくらいの思いだったので、結果はどうでもいいです。


大事なのは“能動的な行動”、それ自体です。

勇気を出して提案し、ワクワクしながら過程を見守ったこと。

それが、楽しかったので、満足です。ええ。



仕事の方も、褒められまくって、仕事もなくなって、余裕の定時帰宅。

全てが順調。
すっごく調子いいよ!




IMG_8458.jpg
被災した海岸の、とある神社。


・・・というよりは、お堂ですね。観音堂です。

どうみても、拝殿の作りが仏教系。




可視境界
この鳥居の向こうには、お墓の群れがありました。

お墓参りに来ていた人も多くいました。



うーむ、被災地を人前で撮影していると「不謹慎野郎」と糾弾されそうなので、撤退。

不謹慎厨は、ヤッカイなやつが多いです。(気持ちは分かるけど、エゴエゴしい)



門あれど、守るべきもの亡き。
門の向こうには、なにもなかった。

今は。



IMG_8461.jpg
仏具だろうか。

置いてあった。



IMG_8464.jpg
津波にやられた、ナンカの工場。

・・・なぜ電子ピアノが??Σ(´∀`;)



枷はずれしモノ、行くべき処無く、立ち尽くす。

暗い工場内に、光が射し込む。



IMG_8466.jpg

パステルカラーな引き出しデスク。



IMG_8462_20130318192938.jpg
穏やかな海と、公衆電話。



今では数の少ない公衆電話ですが、いざという時に、無いと困るものです。

そうゆーのって結構多い。


「いらねぇだろ」って普段思っているものも、要る時がくる。




IMG_8463.jpg
鎮魂の碑。



おしまい。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

微笑んだ枯れ尾花。

2013.03.09.Sat.21:29
こんばんは。


今日は廃墟探索に行く予定でしたが、
恒例の寝坊&暴風による電車の運転見合わせとかで、結局は行けませんでした。

しかも、途中でSDカードのデータが“あぼーん”するというアクシデントが発生。

もう最悪・・・。




Date:2013.3.3

IMG_8325_20130309205059.jpg
気を取り直して、楽しかったときのことを思い出して気持ちを向上させましょう。

昨日の『十一面観世音』の記事、続きです。



「重要文化財」的なものに登録されているらしい。

そのため、消火器がシンメトリーに並べられていた。



IMG_8327.jpg
色々なお堂があり、それぞれお参り。


それにしても、神仏習合のお堂とはいえ『二礼二拍手一礼』でいいんだろうか。
私は取り敢えず、一礼して合掌するだけにとどめておきました。



IMG_8334_20130309205104.jpg
綺麗に並んだ、踏石(ふみいし)。

さすが重要文化財。
ちゃんと管理されているようで、境内は綺麗でした。



IMG_8335_20130309205058.jpg
鈴のカメラストラップ。

髪の毛の上になっているのが、なぜか気になった。
なんとなくソノママにしてほしかったので、何も言わなかった。



IMG_8329.jpg
今回特に気になったのが、こちら様。

『留守観世音堂』



調べてもヒット数は少なかったですが、なんとなく分かりました。


浄瓶にさした柳の枝だけで楊柳観音であることを示すような描き方を『留守模様』というらしい。

つまり、暗喩的に『楊柳観世音』なのでしょう。


手にした柳で、病を治すそうな。



IMG_8353.jpg
歴史と歴代と。


IMG_8336.jpg
撮ったときはツボだと思っていたが、後から見るとツボではなかった。

タイコだ。



IMG_8345.jpg
遠くにぽつんと、お墓が見える。



のっぺらぼうの微笑み

鈴「ここのお地蔵さん、なんか可愛い!」

しゃれ「そうか。小さいから?」

鈴「だって、優しそうなしてるじゃない?」

しゃれ「カオ・・・?私にはのっぺらぼうに見えるけど」

鈴「えー?でもほら、口元が微笑んでるよ?」

しゃれ「・・・そうなのか。」


自分の見える世界が、他人の見ている世界とは限らない。
そのことを、改めて実感した。



IMG_8347.jpg

IMG_8342.jpg
彼らは自然と共に生きている。

私たちは本当の意味で、自然と対等に共存しようとは思っていないはずだ。



IMG_8349.jpg

IMG_8352.jpg

全容を魚眼レンズで収め、後にすることにしました。


しかし、良きところだった。

また何度が訪れそうな、お気に入りスポットになりましたね。



IMG_8359.jpg


『十一面観世音堂』編、


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

日立木への旅。 ②

2012.11.11.Sun.20:32
こんばんはー。


五連休も「あっ」という間に終わってしまいました。

ああ、さむいさむい。


IMG_5204_20121111194200.jpg
二日ほど間は置いてしまいましたが、
今日は、日立木に行った時の紀行の第二弾をお送りします。


IMG_5208_20121111194159.jpg
前にも来たことがある、公園付きのお堂。

紅くて、どことなく中国っぽい。


IMG_5209_20121111194159.jpg
ブランコに座って、しばし休息。

日はもう傾き始めている。
驚くほど秋の日は短い。



IMG_5213_20121111194159.jpg
また、歩きはじめる。


途中で、相馬の道の駅に寄った。

販売機に1000円入れたお釣りを忘れていることに、帰路時に気付く。
泣けるぜ・・・。




IMG_5216_20121111194159.jpg
夕暮れの中を歩く。

おじさんが、散歩に連れ出している犬にじゃれつかれていた。
とても仲が良さそうだ。


IMG_5219_20121111194107.jpg
世界が暮れても、私は焦らない。(意味深)

特に深い意味は無い。そのまんま。



IMG_5221_20121111194107.jpg
飛行機が雲を貫いていた。

黄昏は、飛行機雲が良く見える。


IMG_5223_20121111194106.jpg
ようやく駅に帰ってきた。

相変わらず、人っ子一人いない。


IMG_5225_20121111194030.jpg
降りた時のホームの向かい側までわたる。

すると、隣が廃線になっていることに気付いた。


IMG_5227_20121111194030.jpg
ススキとかの植物にまみれ隠れていた。

もう少し暗かったら気付かなかったかもしれない。



IMG_5231_20121111194030.jpg
この寂れ感から簡単に予想できるようではあるが、電車の本数は少ない。

次の電車まで、一時間ほど待たなくてはいけない。



IMG_5234_20121111194030.jpg
本格的に青暗くなってきた。

無人駅なので、私の他には全く完全に誰もいない。


明かりも何もない、木造の待合室で待つ。

ほんとすごい秘境駅が近くにあったもんだと、改めて実感。



IMG_5236_20121111194029.jpg
そんなこんなでようやっと電車も来て、無事帰りましたとさ。

めでたしめでたし。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ