お化けペンション | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その10 (翁島ペンション・最終回)

2013.08.05.Mon.17:10
こんばんは。



熱はだいぶ下がり、ノドや頭は依然痛むものの、ブログくらいは更新できそうです。


というわけで、廃墟紀行・最終回です。




廃墟の階段にて

前回の絶対領域×翁島ペンションの階段の撮影の途中、私は思い切って一眼レフを封印することにしました。

ここからは改めて、RX100だけでこの廃墟を回ります。




DSC00371_20130805163032205.jpg

鈴に、車で待っていてと言って送り出し、改めて一人でこの廃墟を巡ります。



そばに人がいると、やはり、どこかいつもの調子が出ない気がするのです。


一人になって、核の状態になって初めて、自分の根源的な集中力を引き出せる。

そう思います。




DSC00372.jpg

そして、一眼レフを封印した意味。

それはRX100を買って、今までの環境と変わったからです。




DSC00362_2013080516303874a.jpg

今まではX5一筋。
レンズも三本だけでやりくりしていました。


しかし、カメラが一つ増えたことで選択肢が大幅に増えすぎた。


その選択に迷いが生じ、構図や様々な設定など、他のことに集中できなくなってしまう。




DSC00378.jpg

であれば、自らがそんなしがらみをシャットアウトし、どこかで割り切らなくては、現時点では力を存分に引き出すことはできない。


そう。慣れたらいいんです。


レンズが増えたときも同じ。
魚眼レンズを買ったときも、割り切って魚眼レンズだけで撮影なども良くした。

その特性や得手不得手などを把握して、ようやく割り切らなくても選択肢にあまり迷いが生じなくなった。


RX100を完全に自分のものにするまで、もうしばらくの経験値が必要のようです・・・。




DSC00375.jpg

さて、そこらへんは語り終えたので、廃墟の実況に戻りますよ。


これ、なんですかねー?

煙突・・・? よくわかりません。





DSC00374.jpg

お風呂場。

扇形だなんて、なんだか変わってるなぁ。




開けっぱなし扉

開けっ放しというか、遮るもののほとんど残ってない扉。


やはりRX100の長所と言えば、広角で明るいF値というのが一つでしょう。



DSC00373.jpg

DSC00379.jpg

福島県の廃墟としてはとても有名な『翁島ペンション』も、たいがい崩壊が激しいよな。


この廃墟も、先はさほど長くないのかもしれない・・・。




DSC00368.jpg
天井からなにかがぶらーん。

照明?



緑の窓

緑の窓。

こういうの最高に好き。すばらしい。



DSC00377.jpg

現役時代を考えると、廃墟というのは本当に面白い。

想像すると、時に涙まで出そうになる。



DSC00380.jpg

灯をともせ。


いまさらだけど、これ本当に燭台?

レンガ造りにしたコンセプトとしてはありがちというか、おかしくないけど。




DSC00381_20130805165852a20.jpg

まぁ、こんなもんでしょう。

大漁大漁。満足でございます。




DSC00382_201308051655164b3.jpg

というわけで、翁島ペンションを去ります。


おじゃましました。




_MG_3751.jpg
翁島ペンションは翁島駅のすぐ近くにあります。

翁島駅の周辺を少し散策しました。




踏切にて。電車きたる

少しの散策を終え、さて帰ろう。

すると、踏切の所で、ちょうど遮断機が下りた。




電車がとおる。


タタンタタン、タタンタタン。


・・・いってしまった。




なぜだかそれは私の中での、旅を終える合図のようで。


空より、いち早くの帳が降りた気がしたのでした。





鈴と行く、廃墟ポートレートの旅、完。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その9 (翁島ペンション)

2013.08.04.Sun.18:03
こんばんはー。


今日は高校時代からの友人である、『姉さん』とフォトブック用の撮影も兼ねて遊んできました。

神社で猫探ししたり、わくわくランドに行ったり、海に行ったり。


その時のことは、写真を交えて今度記事にするとして・・・。




若干、のどが痛いがまぁ大丈夫だろう。


そう思って、家を出発した時期が私にもありました。



結果⇒ 冷えピタ装着状態。&死にそうになりながらキーボード打っている現状。




こんなこともあろうかと、廃墟記事の方は下書きにして昨日仕上げておいたので、

どうぞ寝込んでいる私をよそに、楽しんでやって下さい。ゴホゴホ。







緑に包まれた廃墟

二階の一室。

ペンションの部屋は、ほとんど原形をとどめていない。



_MG_3731.jpg

扉。


ここで、何枚か同じようなポーズで撮影をしました。




しゃれ「はーい。そこで、そう。入る感じで。踏み出しておねがい。」


1から、徐々に完成形に向けて一挙ずつポーズを指示する。






_MG_3732.jpg

しゃれ「うん。あっさり入っちゃう感じで。次に、左足を踏み入れる準備をしているような力の入れ方で。停止してないで、動いてる感じで。そう、動画の一コマ。」


こんな指示でよく分かってくれました。ありがたい。




扉の向こうに消える少女

そして、完成形がこちら。


足元の輪郭がほとんど見えなくらいにシャドウを強めました。

そう、幽霊っぽい感じで。
上半身の挙動はそのままに、スーッっと入ってく感じ。


イメージの80%ぐらいの完成度。
それくらい再現できれば上等ですね。





_MG_3735.jpg

見えていない裏側や死角もきちんとしないと、見えている表側がおかしいことになります。


そこに気を付けて撮りましょー。




_MG_3743.jpg

_MG_3748.jpg


最後に、絶対領域と廃墟のコラボ。



衣装とかにはこだわらず、鈴の私服のままです。

今度は、制服とかでお願いするのも良いかもしれませんね。





_MG_3742.jpg

次回は、RX100で撮った写真たちを紹介したいと思います。


なんとなく、記事をカメラ別にしました。






おそらく、次が最終回(もしくは次の次)


でも、明日具合悪かったら文章のみになるかもしれません。




・・・つづきます。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その8 (翁島ペンション)

2013.08.02.Fri.21:17
こんばんは。



DSC00382.jpg

今日は更新時間が遅くなったので、
最終目的地である【翁島ペンション】のさわりだけお送りします。


時間的に、もうすぐバルス祭りですしね(笑)

今回も、Twitterは破滅してしまうのかどうか見ものですね。
サーバー強化したみたいだけど、さていかに。




この廃墟に入る道は、覚えていたのだが、鈴と話していてうっかり通り過ぎてしまった。


Uターンして、戻っていくと、なんと私より先にその道に入っていく車が!

今回は、誰かに先を越されてばかりだ。



その道に入る目的は、ほぼ廃墟しかない。

故に、様子を見つつも、その車に着いていった・・・。





――結局その車は、挙動不審ながらも去って行った。


しゃれ「なんだよ、ここまで来てもう行っちゃうんかい。」


なんだか、さらっと見物に来ただけっぽい感じのアッサリ。



対する私は、虫よけをして三脚を取り出し、万全の体制である。(ドヤァ)





_MG_3712.jpg

翁島ペンションの横の電柱。

電信柱だか、電柱だかしらないが、通電のための柱。


ご覧の通り、木やツルやらからみまくりである。

まさか現役ではなかろうな・・・?
そこまでは見なかった。




_MG_3713.jpg
この電柱、外灯つきだった。

これまた、ずいぶんと趣のある灯だなぁ。


点いているところを見たい。

そして何より、その灯りに照らされる翁島ペンションが見たい。




翁島ペンション

おまちかねの、翁島ペンション内部・・・。



しゃれ「がぁっ! そういうことするかぁ・・・」


暖炉の周りの煉瓦に、大きく伸ばした白黒写真がはりつけられていたのである。

前来た時は無かった。




_MG_3716.jpg

人がいるのかと思って、すこし警戒したが、写真だった。

かなり大部分が剝がれている。



一体だれがこんなことを・・・。

丁寧に煉瓦に貼られているし、かなり手間がかかったろうに。

「おいおい、そこまでするか」、という感想。


でも、演出としては悪くないと思ってしまった。悔しいかな。





燭台に照らされぬ、灰色の顔

これは燭台の残骸だろうか。

点くことの無い燭台に、照らされぬ白黒の顔。



_MG_3719.jpg

この燭台も、なかなか趣きがある。


現役時代は、チャチに見えたものなのかもしれないが、

こうボロボロに年季が入ってくると、それっぽいですね。




_MG_3722.jpg

構図をもっと広く取った方が良かったか。


とりあえず、鈴を入れてのポートレート。



最初はアップのようなもので、この場の雰囲気になじませる。

すると、どういう場所でどういう構図がいいかなどが、徐々にわかり始めてくるのです。




_MG_3726.jpg

去年撮った、パチンコ台が壊されていた。

おこ。




_MG_3725.jpg

鈴に、写真の少女と向かい合ってもらった。


ただの写真だ。

何の曰くもない。


だからなのか、ただたんに構図が悪かったからか、この写真からは何も感じない。ボツ。

たぶん後者・・・。





_MG_3729.jpg

二階に登る・・・。


鎖が垂れ下っていた。

これは前からあっただろうか?






つづきます。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

初・ドライブ旅 10 ~翁島ペンション・リベンジ~

2012.09.26.Wed.19:45
今晩はです。


最近気付いたどうでもいいことなんですけど、

マスクをすると、鼻の毛穴の黒ずみがひどくなる!(ドン!


・・・本当にどうでもいい発見でした。


IMG_3836.jpg
前回のあらすじ:

猪苗代で一泊した私は、目的地である『大内宿』に向けて、
今一度、猪苗代湖の沿岸を車で走らせるのであった。


しゃれ「あ、そうだ。どうせまた近くを通るんだから『翁島ペンション』、行くか。」


怪奇現象にも懲りず、

翁島ペンション、リベンジ。(ドドン


IMG_3843.jpg
前回、廃墟の目前まで車が入れることを知ったので、車を堂々と乗り入れます。

サテライト(虫よけ)を体にふりかけ、三脚を担いで撮影開始。


IMG_3844.jpg
ちなみに、この写真を撮っているとき、早朝から犬の散歩に出かけていたおじさんに出会いました。

しゃれ「こんにちは」

おじさん「・・・幽霊が・・・ブツブツ」

すれ違いざまのつぶやくような声量で、あまり聞き取れなかったが、
おじさんは一体何を言っていたのか・・・。



IMG_3845.jpg
下品な落書きで台無し。


話は全く変わりますが、今回の旅の廃墟写真はほとんどRAWで撮りました。

あれ? そう言えば、前にも言いましたね。


IMG_3846.jpg
上部がアーチ状の玄関、イイ感じ。

クロスプロセスで、シャドウの強さはそのままに、さりげなくディティールを浮かび上がらせてみる。


立て掛けられた廃パチンコ台
二回目の訪問に何の意味があるのかと問われれば、もちろん意味は大いにあると答える。



隔ての無くなった部屋扉
一回目でその場の雰囲気や、目に自然に入ったもの、大まかなものを写し撮っていく。

考えずに、感じる。


IMG_3852.jpg
二回目でもっとクローズアップして、細やかなものを写し撮る。

構図を変えて、すでに撮ったものを撮り直すのも、大いに有り。


IMG_3850.jpg
それ以降はどんどん違う視点や視角を見つけ、模索しながら、
その場所の“真”に迫っていくのである。


IMG_3854.jpg
けっこんしようネ。


IMG_3856.jpg
TABIBITO(旅人)


階段で起こる怪談
暖炉が有名なこの物件ですが、私はその横の良さげな階段に着目した。


IMG_3867.jpg
レンガ造りの階段がイイ感じ。

IMG_3868.jpg
所謂、「対角線構図」で。


IMG_3869.jpg
色々角度を変えて撮りました。

満足満足。


道化師ペンション
この、怪談の起こった階段であるが、今回は何も起こらなかった。

しかし、いかんせん空気が悪かった。
マスクをしてきてよかった。(廃墟では常備)


IMG_3860.jpg
人口の明かりは死んだ。
自然の明かりが射し込む。

オセロのような、自然の逆転劇。


IMG_3861.jpg
この(元)通路は、お風呂場へ続いていた。

崩壊が激しい・・・。


IMG_3866.jpg
暖炉の近くに寄ってみて、撮影してみた。

だが、なんとなくだが、暖炉には近寄りがたい。
ナゼかは分からないが、そういう覇気を纏っていた・・・気がする。


IMG_3857.jpg
朝日に照らされた緑が、外に映える。

アーチ状の窓枠も、至極魅力的な廃墟ですね。


IMG_3872.jpg
兎も角、美しい廃墟だった。

やはり、自然×人工物のカップリングはサイコウだぜ!(新ジャンル:廃男子


IMG_3873.jpg
何も考えず、テキトーにぱしゃり。

名残り惜しいが、満足はしたので、そろそろ行きましょう。


IMG_3877.jpg
さらば、翁島ペンション。

君ともまた、再開するような気がするよ・・・。



  次回、途中下車編に続く→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

初・ドライブ旅 7 ~翁島ペンションと怪現象~

2012.09.23.Sun.19:24
こんばんは。

外は雨です。
家でごろごろしていたら、日曜日もあっという間ですね。


IMG_0841.jpg
――さて、本日は『翁島ペンション』編でございます。


IMG_3689.jpg
林の中にそびえ立つ廃ペンションを前に、思わず感嘆の声を上げてしまう。
その佇まいは、あまりに自然に溶け込み、あまりに馴染み過ぎていた。


この物件も予備知識はほとんど持たずにアタックしたのだが、思ったより険しい森の中にあったわけではなかったのが幸いした。

ちゃんとサラテクト(虫よけ)していきました。(笑)



IMG_3690.jpg
早速、潜入。
中は暗く、一日中日が射し込まいような内部であった。


IMG_3691.jpg
唯一目に入った情報に、暖炉が名物だという事を覚えていました。
なるほど、暖炉があります。

・・・頭の悪い落書きと共に。( -.-) =з


とても残念というか、台無しというか・・・。
こういう落書きはホント、勘弁してもらいたい。

むやみにネットに廃墟の場所を載せてはいけないという、“暗黙のルール”の意味が解りますね。


IMG_3692.jpg
この写真を撮った後、階段を登ろうとしたのだが、

勝手にピント合わせが始まった。


な、何言ってるか分からねーと思うが、私もわからない。
もっと恐ろしい『幽霊ペンション』と呼ばれる所以を実感したぜ・・・。


本当の話です。

シャッターボタンやレリーズはもちろん触っていないのも確認しましたが、
それでもなお、ずっとピント合わせがジーコジーコと続いているのです。

今までこんな誤動作をした試しはありません。


私は、若干焦りつつも「すいませんが、邪魔しないでください」と口を突いて出た言葉を虚空へ投げかけた。

すると、その怪現象はおさまったのだった。



IMG_3696.jpg
遊ばれているなと思いつつも、私は若干駆け足で撮影を続行する。


IMG_3698.jpg
二階はこんな感じ。

この場所は心霊スポットとしても有名で、
地下のワインセラー室で自殺があっただとか、一家心中が行われていただとか、色々噂があるようです。


IMG_3700.jpg
ちなみに、地下への入り口はありませんでした。

元々無かったのか、埋め立てられたのか。


IMG_3701.jpg
一階の側面。

まだ緑の美しい時期に来て、正解だった。


IMG_3703.jpg
階段の裏。

もしかすると、心霊スポットとしての噂が、この物件を本物の心霊スポットにしたのか知らん。


言わば、観光スポットと同じだ。
人が集まるから、そこに見世物役も集まる。

口裂け女などの例の、噂から生まれた妖怪(ここの意味では怪現象も示す)なのかもしれない・・・。


IMG_3707.jpg
さて、憶測はそれくらいにして、そろそろお暇しましょう。


しゃれ「お邪魔しました」



IMG_3711_20120923185257.jpg
まだ見たい場所や撮りたい場所もあったのだが・・・。


IMG_3708.jpg
もうすぐ日が暮れる。
今夜泊る場所を探さなければ・・・。

後ろ髪を引かれる思いで去ります。(怖い意味ではなく)



  初・車中泊編へ続きます→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ