フラジールに蕩れ。

点呼される日がくる。

2018.04.19.Thu.22:24
こんばんは。



今日は怠惰に過ごした。
天気がすこぶる良かったので、昼下がりは海へ行ったりした。





そして、良いタイミングで平沢進のインタラクティブ・ライブDVD「点呼する惑星」が届いた。


で、視聴したが・・・。

「ノモノスとイミューム」のあとに見てしまうと、これは比較的難解過ぎる。


全く頭がついていかない。置いてけぼりだ。

ストーリーの骨がうまく掴めずに終わってしまった。


まぁそこがわからずとも、わからないなりに楽しめるのが良いところである。
いや、楽しめる者は限られてはいるだろうが。そこはDVDをわざわざ購入した人であれば、大方パスできるであろう。


なんらかの固定概念や感情などに囚われて、帰るべきテラを忘れてしまい、そこから脱却する物語だろうか?

いやはや、一回見ただけではよくわからない。

だからといって100回見たら理解できるか?不明。



とにかく、歌の方はセイレーンが最高だった。これが目的で買ったようなこともある。

ほかも良かったが、
ノモノスとイミュームに比べると音響だろうか録音の方法のせいだろうか…どうにもライブ感が全体的に薄かった。
まるで収録したような安定しすぎた音質があまり好きではなかった。


それにしても、Astro-Hue!ことランさんの舞台には度肝を抜かれた。
いきなり、なにが始まったんだと。

平沢との温度差がなんとも言えない(笑)


総括、この情報量と質が7000円くらいで手に入るなら、こんなにお買い得なことはないと思う。素晴らしい。




ま、そんな感じの一日でした。

スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

閉店です。

2018.04.18.Wed.22:51
こんばんは。


カラオケ行こうとしたら、しまってました。

ミスド行ったら、閉まる直前でした。


いったいなんなんだ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

昨夜の悲劇を目撃したか?

2018.04.17.Tue.19:24
こんばんは。



えー昨晩は夜間人間の撮影にいったのですが、そちらのほうはアクシデントにより中止となりました。

なにが起こったか?


それを説明させていただきます。




昨晩私は準備を整え、海へ撮影に出かけた。



その出先。不安定な足場に置いた三脚が倒れた。その上にはカメラがすでに載っていた。



そしてどうなったか。









説明終了。




おわかりいただけたであろう。完全に壊れました。

前々から、何度も落としたりなんだりしてかなりボロボロだったのですが、ついに終止符が打たれました。


安らかに眠ってくれたまえ、TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USDよ。



昨日はツイキャスなんてものをおろかにも配信しながら撮影しようとしていたから、見てくれた人はリアルタイムに私の悲劇を目撃したはずだ。
あとから録画を確認してみたら、三脚が倒れる様子もばっちり映っていたね。


さて。





分解して、使えそうなものを剥ぎ取りたいと思います。

死体あさり。




順調に分解していき、





右の虫眼鏡ができあがりました。





iPhone撮影。

これが



このレンズ虫眼鏡をかざすと、ちゃんとピントが合います。





はい、それだけです。

なんか撮影にも使えたら良いね。


その件については以上です。
もう彼(TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD)はいない。




では次の案件。

こいつがいなくなったことにより、代わりのレンズを購入したい。


選抜しよう。




このレンズは正直重かった。800g以上あったんだ。

だからせめて500gくらいでおさめたい。


そして、手ぶれ補正はぶっちゃけいらなかった。
あと、画質もこんなに良くなくていい。価格もそんなにかける必要はない。
開放値もf2.8まで明るくなくていい。

などなど、いろいろと改善案を出していき、たどりついたレンズは・・・


これだ!

Tamron AF 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL [IF] MACRO


いまの用途にあっているレンズだと思う。
高倍率であり、結構昔のレンズだが画質もなかなかいいらしい。

これを常用のレンズとしたいと思う。持ち歩き用でもある。

中古で1万5000円くらいで買える。安すぎ。



そして、用途を別にして、ポートレートで使う広角用には、追々、違うレンズを買おうかなと思っています。

こちらはまだ悩み中。
単焦点の24〜30mmあたりのものを買うか、それともズームレンズを買うかといった具合。


とりあえず、すぐ24-135は買うつもりなので、レビューをお待ち下さい。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

月を持って夜へ出かけよう。

2018.04.16.Mon.23:13
こんばんは。


沖縄へ行こうと画策しており、ツアーを申し込んだは良いが、なんとあとから満席ですというお電話があった。

満席なら申し込みできないようにしておきなさい。


萎えたので、ちがう所に行こうと思います。
沖縄である必要はまったくないし。



さて、DVDプレイヤーが壊れたので、リサイクルショップでてきとーに安いやつを買ってきました。

非常に快適だ。


これで平沢進のLiveDVDをみながら現像ができる。




今夜はいい感じだ。

撮りに出かけようかな。月を持って。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

不憫な人間たち。

2018.04.15.Sun.17:38
こんばんは。



人はいつも寄る辺がない、と思う。

価値とか愛とか、対価とか束縛とか、罪とか罰とかね。
そういったマストにしがみつかないと、生きることも死ぬことも出来やしないと。


PICT0562_re_re.jpg

私はこう思う。

体は報いに関し、無意味に生き、無意味に死ぬと。
クオリアは、全てに意味のぬりえを施して往復していくと。



PICT0680_re_re.jpg

我々は延命装置のポンプ機関【ネゲントロピー】

今日も元気にポンプを動かし、熱をサイクルさせる。



元来それだけの装置的存在だった生命のなかでも格別、
人間という種はその自然界という内輪での一身上の都合により培った、『高い応用力(人は知能と呼ぶ)』という副産物による弊害とも言える思索によって、各々が生きる意味や価値なんかを愚鈍にもウロウロと探しつづけながらも、その間も存在意義は君主に従事するのである。




PICT0758_re_re.jpg

往々にして不憫な人間たち…。
しかし、真実は知らぬほうがきっと良いだろう。

自分が特別だ、生命は尊いと思えることは、
例えるなら日本人すごーいですね番組を見る日本人のような承認欲求満タンの心情である。



我々は不憫だが幸せだ。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ